フォード、緊急時用に「自動運転機能」搭載を検討?

印刷

   米自動車大手フォード・モーターが、車両への部分的な「自動運転機能」の搭載を検討していると一部海外メディアが報じている。米国のネットメディア「ベンチャービート」などは2013年7月、同社開発担当者の話として、車内に運転者のバイタルサイン(生命兆候)を感知する装置を搭載、異常があれば医療機関に警戒を促すとともに、万が一発作などが起きた場合は自動運転モードに切り替わり、車両を安全な場所まで誘導する、といったシステムを研究している、と紹介した。

   車両の自動運転は、グーグルが研究に着手するなど近年急速に注目が集まっている。一方でこの記事で同社担当者は、完全な自動運転車両は「今後10年は誕生しないだろう」とも述べており、上記の自動運転機能はあくまで緊急時用のものに限られている模様だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中