はるかぜちゃん、かつて「遺書」を書いたと告白

印刷

   子役の「はるかぜちゃん」こと春名風花さん(12)が「昔、本当につらいとき遺書をかきました」と、2013年8月12日、ツイッターで明かした。「死にたくないけど、もし何かあって衝動的に死んでしまったら、残された人は、ぼくが何に悩んでいたか分からない」と不安になったためだという。

   いじめで自殺した子どもたちの遺書を読み、「ぼくはまだ元気なうちに、絶対、きちんとした遺書を書いておこうと思いました」と理由を語る。「遺書」と言っても遺産の分配などを記した遺言書ではなく、「エンディングノート」のように「大切な人に感謝の言葉を、嫌な人には言えなくて何度も飲み込んだままの言葉」を書いたといい、「死んだらもう傷つけられることないから、何でも言えるし!」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中