「日本女性が中国人男性に殺到」 中国紙の超イイカゲン「結婚事情」報道

印刷

   ある中国紙によると、「世界中の女性が中国人男性と結婚したがっている」のだそうだ。

   そのワケは「勤勉で、辛抱強く、子どもをかわいがるから」で、日本、韓国などの女性が中国人男性目当てに殺到しているのだという。

日本のみならず、ロシア、ベトナムなどの国でも大人気??

   2013年8月13日付けの網易女人(電子版)は「世界中の女性がなぜ中国人と結婚したいのか?」と題する記事を掲載した。

   シンガポール紙「The Straits Times」の「中国からやってきた男性とつきあうシンガポール人女性が増えている」との記事を引用して、シンガポール人女性が中国人男性の魅力を「非常に強力な向上心を持っている」と語ったと紹介している。元の記事では、高等教育を受けたシンガポール人女性が自らの能力につりあう男性を求めた結果、中国から働きにきた有能な男性と結婚するパターンが増えているという内容だった。

   ところが、これを受けて、網易女人は「世界中の多くの国の女性が、中国人男性と結婚したいと思っている。日本、韓国などの女の子が中国人男性に殺到している。代表例として、日本の女優・蒼井そらは中国人のボーイフレンドを探したいと話していた」「韓国人女性が中国人男性のことを好むのは(韓国人男性ほど)マッチョではないから」などと独自の主張を繰り広げ始めた。

   同紙によれば、中国経済の急速な発展と、カンフー映画が海外で広く公開されたことが疑いなく中国人男性の大きなアピールとなっており、各国の女性への知名度を上げた、という。

   さらに、「勤勉で、結婚前は忍耐強く、結婚後は酒を飲んでも暴れたりせず、家庭的で、子供をかわいがる」というのが中国人男性の一般像になっていると自画自賛し、「中国人男性が日本のみならず、ロシア、ベトナムなどの国でも熱烈な秋波を浴びるのも無理はない」とご満悦だ。

中国人「夢見すぎ」「ウソいうな」「現実を見ろ」

   ただ、こうした主張に対してはさすがに中国人からも「夢見すぎ」「ウソいうな」「現実を見ろ」などと冷静な指摘が。

「イケメンでいい仕事についていれば、これは永遠の真実だけどね」
「中国人の男が好きな日本人女なんてほとんどいないよ」

   そもそも、中国国内で男性が結婚できず、余っているというのは周知の事実だ。2012年の中国における出生人口性別比は女100に対して男117.7と、警戒線といわれる10%を超えたままとなっている。

   そのため、日本からも「中国人の男、結婚できなくて困ってるじゃん」「ちょっと待って欲しいこれはお前らの『目が合っただけで』『手が触れ合っただけ』でこの女俺に惚れている!?の拡大版なんではないだろうか?」「1週間程前に韓国人が同じ様な事を言ってた」「やだ、ここまで来ちゃうと感服する(笑)」と笑いまじりのツッコミが相次いでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中