ANAが2014年度からCA採用を正社員に 「採用競争力」向上目指す

印刷

   全日空(ANA)は2013年8月19日、14年度入社以降の客室乗務員(CA)の採用形態を契約社員から正社員に切り替えると発表した。日本の航空業界では現在、CAは契約社員として採用され、正社員にステップアップするのが一般的。今回の制度変更で最初から正社員として雇用することで離職率を抑えたり、採用の際の競争力向上を目指す。

6000人中1600人が契約社員

ANAは14年度からCAを正社員として採用する(写真は12年12月の歴代制服のファッションショー)
ANAは14年度からCAを正社員として採用する(写真は12年12月の歴代制服のファッションショー)

   ANAでは、かつてはCAを正社員として採用していたが、賃金水準を下げてコスト競争力を強化することを目的に、1995年にCAの契約社員制度を導入。契約社員として入社してから3年が経つと、正社員になるか契約社員を続けるかを選べる。契約社員を選ぶと通算6年間勤務できるが、8割が正社員を選ぶという。その結果、ANAグループに6000人在籍しているCAのうち、約1600人が契約社員だ。

   すでに入社している契約社員についても、2年間の移行期間を設けて、希望に応じて正社員化を進めていく。

   正社員化で年金、退職金などコスト増になる一方、コスト減少が見込める部分もあり、ANAでは、全体としては大幅なコスト増にはならないとみている。現状の正社員の離職率は6%なのに対して、契約社員は9%。この3%分「人の入れ替え」が少なくなり、契約社員の訓練コストも低下するとみている。あわせて新卒での採用も抑制する方針で、年に40~50人程度採用を減らす。

賃金面の待遇は変化しない見通し

   現状の契約社員の業務範囲は一定の制約があり、機内マネジメントや組織運営は行っていない。正社員化で、早い時期からキャリア形成を目指す。さらに、一般的にCAの採用試験は「狭き門」だが、

「今の時点で先取りをしておくことに意味があると判断した。そういう意味での採用競争力を強化したい」(河本宏子客室センター長)

といい、安定した雇用環境をアピールすることで、早期に人材を確保する狙いもあるようだ。

   なお、賃金面の待遇には大きな変化は生じない見通しだ。親会社のANAホールディングス(ANA HD)の有価証券報告書によると、ANAグループのCAの13年3月31日時点の平均年収は449万5000円で、平均勤続年数は6年半だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中