皇后さま「初音ミクご存知だったのか」 ネットユーザー「お言葉」に感動、歓喜

印刷
「これがミクちゃんですか」

   東京・六本木でおこなわれている「LOVE展」に出展された「初音ミク」をご覧になられた皇后さまのこんなお言葉が、ネットで大きな話題になっている。

   「ご存知だったのか」と感激する人が続出、ここまで認知度があがれば今後、園遊会に招かれることもあるのではと期待に胸を膨らませているのだ。

「ちゃん」付けが新鮮で、人間のように扱われていて嬉しい

皇后さまは「ミク」をご存じだった?(2008年撮影)
皇后さまは「ミク」をご存じだった?(2008年撮影)

   朝日新聞などが伝えたところによると、皇后さまは2013年8月20日午前、東京の六本木ヒルズ内森美術館で「LOVE展」を鑑賞された。「LOVE展」にはボーカロイド「初音ミク」も出展されており、これをご覧になって、

「これがミクちゃんですか」

と話されたという。

   このたった一言に、ネットでは感激する人が続出して、「皇后美智子様、初音ミクをご存知だった」と大騒ぎになった。初音ミクはクール・ジャパン戦略が打ち出す日本のポップカルチャーの代表格とはいえ、もともとはオタク寄りの若者文化から生まれ、支持されてきた。まさか皇室にまで知れ渡っているとはと驚きが大きかったらしい。

「事前に知ってるって事。日本のサブカルまで網羅してる御皇室すげぇ」 「なんと・・・皇后様の御目にまで・・・」
「謎の申し訳なさ ご存じだったことにも驚きです」
「ちゃん付けで呼ぶのが微笑ましい」
「なんか自分のことのように嬉しくなってしまったwww 皇后様のこともっと好きになってまうわぁ!」

   また、ミクに対する「ちゃん」付けが新鮮で、ミクがまるで人間のように扱われていて嬉しいという感想も。ミクはファンの間では「ミクさん」と「さん」付けで呼ばれることが多い。

   ここまで認知度が上がったのなら、ミクが園遊会にも招かれることもあるのではとファンらは期待を膨らませ、さっそくミクが出席している様子のコラージュ画像まで作られた。

「初音ミクを介して拡がる愛の現象を可視化」した展示

   LOVE展は、六本木ヒルズと森美術館のオープン10周年を記念した2013年9月1日までの特別展で、「愛」をテーマに絵画や写真、造形作品など約200点を集めている。皇后さまは前衛芸術家・草間彌生さんの作品やダリ、シャガールの絵画とともに、セクション5「広がる愛」に展示された「初音ミク:繋がる愛」をご覧になったようだ。

   「初音ミク:繋がる愛」は、「初音ミクを介して拡がる愛の現象を可視化」したもの。三面の黒い壁に有名なコンサートの映像2つや、カリフォルニア大学サンディエゴ校準教授のタラ・ナイト氏が制作したドキュメンタリー動画「MIKUMENTARY」(ミクメンタリー)を投射している空間だ。床には無数のタブレットが並べられ、さまざまなクリエイターが描いたミク画像が表示されているほか、ソニーが試作中の立体視装置による初音ミク映像も展示している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中