日米通算4000安打のイチローに大賛辞 国民栄誉賞の声も再燃?

印刷

   あっさりと記録を作ったところはさすがにイチローである。日米通算4000安打は2013年8月21日、地元ヤンキースタジアムで行われたブルージェイズ戦で達成。注目されるのは今後で、来年はどの球団でプレーするのかなど、オフは騒がしくなるだろう。

「リーチ」で臨んだ試合、「一発」で決めた

   記念の安打は、1回裏の第1打席で出た。左前にいつものスタイルで打ち返した。

「早い段階でヒットを打ちたいと思っていたので、一番喜んでもらえるのは第1打席なのでよかった」

   イチローの感想である。祝福の言葉が相次いだ。

   長嶋茂雄氏は「気の遠くなるような数字」と言い、王貞治氏も「素晴らしい」

   日本球界最多の3085安打を放った張本勲氏も称えた。「これだけの安打を打てたのは、精神力、技術、自己管理ができていたからだ」と。

   前日、2安打を放ち、あと1本で試合に臨んだ。緊張するところだが、そんな周囲の心配をよそに、いとも簡単にやってのけた。

   一塁に到達すると、ヤンキースの選手が総出で駆け寄った。試合は中断し、イチローは帽子を取り、坊主頭で大騒ぎのスタンドに頭を下げた。

「試合が止まるほどの選手、ということだよ、彼は」

   同僚たちの言葉だ。最高の賛辞といっていいだろう。その中に大喜びのエース黒田博樹もいた。

高齢化ヤンキースのリストラ候補?

   名門ヤンキースで達成したことは何よりの記念だろう。ただ名門ゆえにチーム作りの厳しさは半端ではない。実は、今のヤンキースは主力の高齢化が顕著で、それが成績に表れている。

「ヤンキースは来年の若返りに向けて大ナタを振るうはずだ」

   現地のマスメディアではそういう見方が圧倒的である。つまりベテランを切る、ということだ。

   イチローは現在39歳。高齢選手のリストに入っている。来シーズンも同じ場所でプレーできるかどうか分からない。なにしろヤンキースは、ワールドシリーズMVPの松井秀喜を放出した球団だ。

   日本の感覚では、まだ走攻守に優れたイチローを切ることなど考えられない。しかし、メジャーでは何が起こるか予測できない。ヤンキースはホームランを打てる外野手を欲しがっている。

   それはともかく、日本では国民栄誉賞の話が再燃するだろう。安倍晋三首相は「とんでもない数字」と絶賛している。授与の可能性は大きい。一度断っているイチローがどう出るか。このオフ、日米で記録男から目が離せない。(一部敬称略:スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中