まだ暑いのに「コンビニおでん」好調 ローソン前年比1割増

印刷

   コンビニエンスストア各社でおでんの販売が始まり、猛暑が続く中でも売り上げが好調だ。セブン―イレブンによると、8月上旬から中旬への販売数は、例年は約2倍に推移するが、今年は約3倍に増加した。同社担当者は好調の理由のひとつとして、「今年の8月は寒暖の差が激しく、秋の訪れを感じられやすかった」と話す。ローソンでも8月中旬は前年比で1割増しとなり、その要因を「夏バテ気味の人に、温かいものが求められているのでは」と分析している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中