ジョン・レノンのクローン、近く誕生? 遺された歯を元に進む「復活計画」が各国で話題

印刷

   故ジョン・レノンさんを、遺された「歯」を元にクローン技術で現代に蘇らせる――そんなトンデモ計画が、カナダで進行している。エイプリルフールのような話だが、「首謀者」のマイケル・ズック氏は大真面目だ。

「もしマンモスでクローンが作れるなら、人間でも同じことができるはずでしょう? ああ、あのジョン・レノンのDNAを復元することができるなんて――」

300万円で買った歯からDNA採取に挑戦

ズック氏のウェブサイト。写真に収められているのが「ジョン・レノンの奥歯」だ
ズック氏のウェブサイト。写真に収められているのが「ジョン・レノンの奥歯」だ

   カナダで歯科医を営むズック氏が、ジョンさんの奥歯を手に入れたのは2011年のことだ。

   これはビートルズがまさに人気絶頂だった1960年代半ばごろ、ジョンさんが虫歯治療のために抜いたものだという。ジョンさんはこの歯を、当時家政婦として働いていた女性に渡した。

「これ、適当に捨てておいて。ああ、そういえば娘さんが僕らのファンなんだっけ? 彼女にあげてもいいよ」

   というわけで、この「穴の開いた、黄ばんだ奥歯」は女性の家に渡った。そして11年に家族が手放した際、上述のズック氏が約3万1000ドル(約300万円)で買い取ったわけだ。

   その後ズック氏は、奥歯を見世物にイギリス各地をめぐる「全国ツアー」やアート作品などに従事してきたが、とうとう「クローン計画」を思い立った。ズック氏は「ジョン・レノンの歯.com」なるサイトでプロジェクトの開始を宣言、すでに歯のエナメル質をDNA採取のため、クローンに詳しい米国の研究チームに送ったことを明らかにした。

ポールも作ってビートルズ再結成?

   小説「ブラジルから来た少年」を地で行くようなこの話題に、世界各国のメディアが飛びついた。英「ザ・サン」がビートルズの名盤にひっかけて、

「サージェント・ペパーズ・『クローンリー』・ハーツ・クラブ・バンド」

   なんて見出しを打ったのを始め、やはり英「ガーディアン」も「想像してごらん(イマジン)、カナダの歯医者がジョン・レノンのクローンを作ろうとしているところを」と報じるなど一種の笑い話的な扱いがほとんどだが、米「マッシャブル」のように、

「たとえクローンを作ったところで、歩む人生が違うのだから『ジョン・レノン』は作れやしない――それとも、ポール・マッカートニーのクローンも作ってジョンの人生を再現させるつもりか」

と強く批判するところもある。

実はジョンの歯じゃないかも…

   クローン技術の誕生以来、「クローン人間」の是非は常に議論の対象になってきた。特に今回のような有名人や歴史上の偉人のクローンが作られることの危険性はたびたび指摘されている。また技術的にも、現時点ではクローン人間を誕生させることは難しいとの見方が強い。

   また問題の歯は保存状態があまりよくないこともあり、必要なDNAが採取できるかどうかは未知数だ。実は11年の競売の際にもDNA鑑定が検討されたが、上記の理由で見送られている。「本物」かどうか、実ははっきり確認ができていないのだ。

   ジョンさんといえばビートルズ時代、「僕らはキリストより有名だ」と話して物議をかもしたが、まさかそのキリストばりに「復活」させられようとは、果たして想像していただろうか……。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中