五輪金・村田、プロデビュー戦で東洋王者にTKO勝ち

印刷

   ロンドン五輪ボクシングで金メダルを獲得した村田諒太選手(27)が2013年8月25日、プロボクサーとしてのデビュー戦を行い、東洋太平洋(OPBF)ミドル級王者の柴田明雄選手に2回2分24秒TKO勝ちを収めた。村田選手は4月にプロテストに合格。金メダリストとして、デビュー戦ながら東洋王者・柴田選手との試合が組まれたが、1回からダウンを奪うなど終始優位に戦いを進めて完勝した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中