モー娘。6年もMステに出られなかったワケ 「なんかあるの?」さんま、しきりに訝る

印刷

   モーニング娘。が久しぶりにテレビ朝日系の人気音楽番組「ミュージックステーション」に登場し、ファンを喜ばせている。

   たしかに最近はAKB48に圧されて、「モー娘。」が音楽番組に出演する機会が少なくなっていた。2013年8月23日に放送された「ミュージックステーション」に生出演したモー娘。は、じつに6年ぶりだったという。

「へぇー!あ、そんな出てないもんなの!?」さんまも驚く!

モーニング娘。は6年ぶりに「Mステ」に出演した!
モーニング娘。は6年ぶりに「Mステ」に出演した!(写真は、モー娘。公式サイト)

   それにしても、久しぶりの出演だった。番組では司会のタモリさんに、オープニングで「久しぶり」と声をかけられると、「モー娘。としては6年ぶりです」と、道重さゆみさんが緊張ぎみに答えた。

   そして、2000年にリリースされたヒット曲「ハッピーサマーウェディング」と、8月28日に発売予定の新曲「わがまま 気のまま 愛のジョーク」をメドレーで披露。感激したのだろう、出演後にメンバーの一人、鞘師里保さんが号泣したとの情報も流れている。

   現在の「新生モーニング娘。」は2011年以降に加入したフレッシュな9人を、在籍11年目になる道重さんが率いている。

   モー娘。といえば、どうしたって「LOVEマシーン」(1999年)などで一世を風靡したころと比べてしまうが、現在のメンバーも個性的なキャラクターとEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)路線の楽曲、フォーメーションダンスでファンを増やしており、2013年は1月発売のシングル「Help me!!」、4月発売の「ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない」と2曲連続でオリコン1位を獲得するなど、快進撃を続けている。

   「へぇー!あ、そんな出てないもんなの!?」――。お笑いタレントの明石家さんまさんは翌8月24日にオンエアされたMBSラジオの「ヤングタウン土曜日」で、レギュラーで共演しているモー娘。の道重さゆみさんと飯窪春菜さん、ゲストの生田衣梨奈さんを前に、驚きを隠さなかった。

   さらに、こんな遣り取りも。

道重「最近は全然出れてなかったんで」
さんま「なんかあるの?派閥みたいな」
道重「いや、そういうわけじゃなくて、普通に呼んでもらえなくて、久しぶりに呼んで頂けたっていう、だけなんですけど」
さんま「へー、おかしいなあ」

   明石家さんまさんは、モー娘。がなぜ6年も出演できなかったのか、気になったようだ。

   これについて、芸能評論家の肥留間正明氏は「やはりヒットがなかったということです。モー娘。はメンバー脱退やでき婚などが続いたこと、また脱退後に活躍した人が現れなかったことが低迷の原因。『モー娘。』としての賞味期限が切れたということ」と、手厳しい。

「テレビ局が気を遣って出さないことはある」

   ラジオ番組での、明石家さんまさんの追及は続く。

さんま「いやいや、だから、AKBが入ったらお前ら呼ばないとか、そういう、なんか、あるやんか」
道重「あ、どうなんでしょうね?」
さんま「ジャニーズさんがいたらこのグループはダメとか」
道重「あー。そういう事情はわからないです。でも久しぶりに呼んでもらえたので、嬉しかったです」
さんま「へぇー! あ、モー娘。ですら、そうなの? うっわー!大変やな、音楽の世界もー」

   では、実際にさんまさんが指摘するようなことはあるのだろうか――。前出の肥留間正明さんによれば、「雑誌やテレビ局が他の出演者に配慮することはあります。同じようなアイドルが出演するとか、事務所によってはそれを理由に断ってくるケースもありますから、テレビ局が気を遣って出さないことはあります」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中