汚染水問題「政府が責任持って対応」 安倍首相

印刷

   安倍晋三首相は2013年8月28日、訪問先のカタール・ドーハで記者会見し、東京電力福島第1原子力発電所での汚染水漏れが深刻化していることについて

「政府を挙げて全力で取り組んでいく所存。政府が責任を持って対応し、国内外にしっかりと発信していく」

と述べた。安倍首相は

「福島の事故は、東京電力任せにせず、汚染水対策を含めて、国として緊張感を持って、しっかりと対応していく必要がある」

とも述べ、政府としての関与を強める方針を強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中