「人の指入りカクテル」の指をお客飲み込んだ そもそもなぜ指があるのか、とネット騒然

印刷

   カナダのユーコン準州のホテルのバーで、「人の足指が入った名物カクテル」の指を客が飲み込んでしまった。このニュースに日本のネットが騒然となっている。

「そもそもなぜにゆびいれるの?」
「何を考えてこんな物作ったのか・・・」

   まずなんのために「人の足指が入った飲み物」が存在するのか、と驚いているのだ。一体どんなものなのか。

指を唇につけて飲むことがルールという

人の足指入りカクテルは実在した
人の足指入りカクテルは実在した

   このカクテル、英語では「Sourtoe」(サワートー)と呼ばれている。1973年に誕生し、現在はカナダユーコン準州ドーソン市にある「ダウンタウンホテル」内のバーでのみ提供されている。同ホテルからリンクの貼られている公式ホームページによると、乾燥させ塩漬けにした人間の足の指をドリンクにいれたものだ。指を唇につけて飲むことがルールという。

   そんなことをしてなんの意味があるのかについては、こう説明している。

「サワートーを飲んで故郷に帰れば、人々はあなたを畏怖の眼で見ることでしょう。こんなひそひそ声もきくかもしれません。『あそこにいる人を見ろよ、あの人はサワートー・カクテルを飲んだんだぜ』ってね」

   これまでの約40年間に約6万人以上が挑戦し、8本の指が使われてきた。サイトにはそれぞれの指の遍歴も記されている。

   そもそもこのカクテルがつくられたきっかけは、バー創業者のキャプテン・ディックが中古のキャビンの中からアルコール漬けの指を発見したことだ。指の持ち主はラム中毒の漁師だった。吹雪の中、アメリカへと国境越えをしようとしていた際に、足の指に凍傷を負い、切断することになったのだという。

   キャプテン・ディックは友人と相談の上、「普通でない飲み物をつくるため」、サワートーのルールを定め、この指入りのカクテルを1973年にエルドラド・ホテルで提供開始した。しかし1980年にある客が13杯目のサワートーに挑戦していたときに、後ろに倒れた拍子に指を飲み込んでしまった――と、こんな調子で、それぞれの指が入手され、飲み込まれたり盗まれたりしてきた顛末が描かれている。切断の理由は凍傷のほか、手術不能なデキモノ、糖尿病、芝刈り機事故などさまざま。ロンドンまで持ち去られ、返還されたのに、結局野球選手に飲み込まれてしまった指もあるらしい。

「凍傷になりましたか?」と新たな指の提供者を募集

   この指を、現地時間2013年8月24日夜にこのバーを訪れたアメリカ人の客が飲みこんでしまったという。カナダ放送協会(CBC)が伝えた。客は店側から500ドル(約5万円)の罰金を請求され、即座に支払ったそうだ。指を飲み込んだ客は以前もいたが、この店のバーテンダー、テリー・リー氏によれば、故意に飲んだケースは今回が初めてだという。ただ、予備の指が用意されているため、今後も名物カクテルの提供は続いていくそうだ。店側は今後、罰金を2500ドル(約25万円)に増額するという。

   なお、ダウンタウンホテルのホームページ上では、こんなうたい文句で新たな指の提供者を募集している。

「凍傷になりましたか?ユーコン・ドーソンシティのダウンタウンホテルはいま、世界に名だたるサワトー・カクテル用の指を探しています。提供者は栄誉のサワトーホールで不朽の名誉を得ることでしょう」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中