宮崎駿監督の「引退宣言」は本当なのか ネットでは「これで何度目?」「引退後の新作楽しみ」

印刷

   宮崎駿監督(72)が絶賛公開中のアニメ映画「風立ちぬ」を最後に引退することになった、と各メディアが大々的に報じている。しかしネットでは「またまた引退宣言かよ」と冷ややかな反応だ。

   監督は新作を発表する度に「引退宣言」をしているため、そのうち撤回するはず、といった書き込みがネット上に多数出ている。

「千と千尋の神隠し」の完成会見でも引退表明

   宮崎監督の「やめたい症候群」は有名で、例えばアニメ映画「もののけ姫」の完成報告会が開かれた1997年6月26日には、自分がスタジオジブリの重鎮として存在するのは若手にとってよくない、「ちょっと未練があるうちにおさらばしたい」と第一線から退くことを明かし、ジブリから離れて映画製作をするなどと語り関係者を驚かせた。01年7月10日の「千と千尋の神隠し」の完成会見では、

「4年前に引退すると言っていたが、また出てきた」

と語るも、体力と気力に限界を感じたとして劇場用映画の製作から退くことを明言した。

「もう長編アニメ映画は無理ですね。2時間の映画を3年かけて作るのはくたびれます。これからは美術館などの準備に携わり、トボトボとやっていこうと思ってます」

と記者団に対し晴れ晴れした表情で語った。

   ネットでは宮崎監督について「引退は、何年ぶり何回目?」などといったまとめサイトも作られ、2004年11月公開の「ハウルの動く城」の時に映画製作に情熱が持てなくなり「ここ数年で最高の辞めどき」と語ったのを含めれば5年ぶり5回目だといった分析も出ていて、

「とりあえず引退宣言をせねば、ということでしょ?」
「宮崎さん引退後の新作が楽しみです」

といった書き込みまで出る始末だ。

暫くすると心身が充実し始めて「また製作したい」

   なぜ何度も引退宣言をしながら結局は新作を世に出し続けるのだろうか。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが2003年3月28日付けのスポーツ紙のインタビューに語ったところによれば、

「毎回、全身全霊を打ち込むから、そうなってしまうのですよ」

とうことだという。「本人には、だます気などさらさらない」というのだ。

   映画の完成、そして公開まで疲労困憊の極地に至ってしまい、季節すらわからなくなり、ハリやマッサージをしても効き目がない状態になる。心身が安定するのに数ヶ月もかかるのだという。つまり、全て出し切ってしまってこれ以上の製作は無理だと「引退宣言」してしまうが、暫くすると心身が充実し始めて「また製作したい」と思うらしい。

   今回の引退発表はイタリアで開催中の第70回ベネチア国際映画祭公式会見で、スタジオジブリの星野康二社長が2013年9月1日、「『風立ちぬ』を最後に宮崎駿監督は引退することを決めました」と明らかにしたもの。映画の中でクリエーティブな期間は10年しか続かないという意味のセリフがあるが、宮崎監督は「自分の10年はとっくに終わっている」と語っているのだそうだ。宮崎監督は13年9月6日に都内で記者会見を行うが果たしてどんな発言となるのか注目されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中