元日本火災海上保険社長の品川正治氏が死去 財界の護憲派で知られる

印刷

   元日本火災海上保険(現日本興亜損害保険)社長で経済同友会終身幹事の品川正治氏が2013年8月29日、食道がんのため東京都内の病院で亡くなったことが分かった。89歳だった。

   品川氏は、憲法第9条の堅持を主張し、財界の護憲派として知られた。国際開発センター会長も務めている。報道によると、葬儀と告別式は近親者で行った。喪主は妻の初巳さん。日取りは未定だが、お別れの会を行う予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中