上沼恵美子「生活笑百科」降板 28年半の「相談員」生活に幕

印刷

   上沼恵美子さん(58)がレギュラー番組「バラエティー生活笑百科」(NHK総合)を降板することが、2013年9月10日わかった。共演する「オール阪神・巨人」のオール巨人さん(61)がブログで明かし、番組を制作するNHK大阪放送局もJ-CASTニュースに対して降板の事実を認めた。

   番組は身近な法律トラブルを漫才で取り上げ、上沼さんら「相談員」が面白く解決策を出し、最終的に弁護士の見解を聞くというもの。「相談室長」(司会)を務める笑福亭仁鶴さんの口上「四角い仁鶴がまぁ~るくおさめまっせぇ」から始まる「土曜昼の顔」といえる番組で、上沼さんは1985年4月の放送開始から28年半にわたり出演してきた。

オール巨人「第1回から出演しているのは僕らだけに」

   巨人さんはブログで「生活笑百科」の収録を9日に行ったと明かし、両手に花束を持つ上沼さんの写真を載せた。放送開始時から「相談室長」が板東英二さん、西川きよしさん、仁鶴さんへと代わっていったことを振り返り、

「今回残念ですか、上沼恵美子さんが、笑百科を辞められるので、結局第一回から出演してるのは僕らだけに成ってしまいました」(原文ママ)

と残念がっている。上沼さんは「相談員」で、巨人さんは漫才を披露する立場だったため、

「いつも相談漫才をしている時、上沼さんは、笑って貰いたいポイントで必ず笑ってくれはるので、本当にめっちゃ救われました」

というが、直後に7日に亡くなった腹話術師・川上のぼるさんの通夜へ行かなくてはならなかったため、思いを伝えられなかったと悔やんでいる。

「体力的な限界もあり、仕事をセーブしたい」

(※以下、9月10日17時10分追記)

   NHK大阪放送局によると、上沼さん最後の出演は9月28日放送で、後任の「相談員」には「特別相談員」として度々出演してきた若井みどりさん(67)に加え、新たに何人かを予定しているという。なお上沼さんの降板にあたって、何かしらのトラブルがあったわけではないそうだ。

   降板報道を受けツイッターや2ちゃんねるでは、

「上沼恵美子の代表作やのに」
「あらら。番組が続く限りやりはると思ってたわ」
「上沼恵美子のいない生活笑百科なんて誰が観るんだ!」

と驚く声もあれば、番組中しばしば上沼さんが「大阪城に住んでいる」などの金満ジョークを飛ばしていたため、

「金持ち自慢がおもろかったわ」
「名物のホラ話が聞けなくなるのか…」
「引退か?  そしたら大阪城から引っ越すのか?」
「琵琶湖をうちの池って言ったり、私は親ばかで息子が可愛いから留学させてるんですが家から通わせてるとかもう聞けないなんてーー!いやだーw」

との声もあり、番組の屋台骨を支えた上沼さんの降板は、多くの人に衝撃を与えているようだ。

   上沼さんは高校時代の1971年、姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」の妹、海原千里としてデビュー。77年に結婚し、コンビ解消と芸能界の引退を発表したが、翌年に芸能界へ復帰した。以降も関西を中心に活動しながら、94年・95年の「NHK紅白歌合戦」の紅組司会を務めるなど、「関西のおばちゃん」の代名詞として全国的に知られている。

(※以下、9月11日11時40分追記)

   共同通信などの報道によると、番組の降板にあたって上沼さん側からNHKに「体力的な限界もあり、仕事をセーブしたい」との申し出があったという。またサンケイスポーツ(11日付)には、上沼さんの夫・真平さんによる、

「29年近く続けており、本人は『燃え尽きた』と。ほかの番組はこれまで通り続けます」

とのコメントが掲載されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中