汚染水風刺画の仏紙、日本大使館抗議に「謝罪しない」

印刷

   仏紙「カナール・アンシェネ」が東京電力福島第1原発の汚染水問題と東京での開催が決まった2020年夏季五輪とを結び付けた風刺画を掲載した問題で、在フランス日本大使館の藤原聖也臨時代理大使が2013年9月12日午前(現地時間)、同紙のルイマリ・オロ編集長に電話で抗議した。

   オロ編集長はラジオ番組に出演し、風刺画に日本政府が指摘したような「被災地の人を傷つける」意図はなかったと主張。「日本政府の反応に困惑している」とも述べ、「謝罪するつもりはない」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中