「男性性器」を思わせる写真をツイッターにアップ 災難に見舞われた「靴下屋」が法的措置を検討

印刷

   店舗内で不適切、不潔な行為をしてツイッターなどにその写真をアップし企業や店舗の評判を下げる事例が相次ぎ、これが「バイトテロ」「一般客テロ」などと呼ばれ、これまでは食品を扱う店舗が舞台となっていた。しかし衣料品店でも「テロ」が行われていた。

   全国チェーン「靴下屋」を展開するタビオの店舗内で男性客が商品の靴下を使って性器のようなものを作り、ズボンのファスナーの間から出している写真をツイッターで公開したのだ。

「キモッ!umieの靴下屋おもろいでw 」

   問題となった写真は「キモッ!umieの靴下屋おもろいでw 」などといったツイートとともに2013年9月10日に発見された。20代に見える男性客が店内のカラフルな靴下を使って男性性器のようなものを作り、ファスナーの間から出している。性器に直接被せているようにも見える。

   同社広報によれば「通報」を受けた同社社員がすぐに、

「Tabio(靴下屋)のTwitter管理者です。お客様から通報がありご連絡させていただきました。不適切な画像ですので、削除をお願い致します」

と写真を掲載した人物のツイッターに抗議をした。しかし、翌日になっても削除されなかった。同社は改めて公式通告として11日に削除要請したもののは反応はなく、同日夜に、

「直ちに削除されない場合は、刑事告訴、損害賠償請求訴訟の提起等の然るべき法的手続を執らせて頂きます」

と迫ることになった。

   この頃からネットが騒がしくなり、ツイッターには、

「店から直接画像削除要請されてるのに、削除はしないしアカウントはそのままだし、その後も普通にtweetしてるよ」
「こんな下品なのが広まって売上減ったらどうすんの?王将みたいに店閉店したらお前給料はらってやんの?」
「消せばOKですむ話ではないと思います。再発や模倣犯が現れないように厳しくいっていただきたいです。 そうでないと安心して買えないです」

などといったつぶやきが出て「炎上」。この人物が通っている学校や名前などが特定されていった。

写真を削除させるまで2日間かかってしまった

   問題の写真とツイッターアカウントが削除されたのは12日。削除を要求してから約2日間を費やすことになった。この人物が削除要請を無視し続けたのか、削除要請に気付かなかったのかはわからないという。同社は13年9月13日に公式ホームページで問題が起こった店舗は「靴下屋 神戸ハーバーランドumie店」で、写真は削除されたと報告し、9月10日の午前11時に写真を確認後に該当店の全てのディスプレーと該当商品を撤去し、什器の清掃消毒を行ったと説明した。同社広報によれば、二度とこのようなことが起きないように店内の監視をより強化するとともに、

「今回の事件を起こした人物に対する法的措置を検討中です」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中