トヨタカローラが世界初、累計販売4000万台を突破 途上国で人気だが、国内ではユーザー高齢化に悩む

印刷

   トヨタ自動車のカローラが1966年の発売以来、世界の累計販売が2013年7月末に4000万台を突破した。単一車種(銘柄)が4000万台を突破するのは世界で初めて。

   カローラは1997年に累計販売が2265万台となり、それまでトップだったフォルクスワーゲンのビートル(2134万台)を抜いて「世界のベストセラー」となった。

ライバルのゴルフとの差は広がる

   現在のライバルは同じくフォルクスワーゲンのゴルフだ。こちらは1974年の発売以来、世界で3000万台以上を販売している。カローラが2002年以降、11年連続で年間100万台以上を販売するのに対して、ゴルフは年間平均で70万台以上にとどまっており、カローラの「世界一」は当面揺らぎそうにない。

   しかし、かつての看板車種も日本国内ではユーザーの高齢化が目立ち、かつての人気を失っているのも事実。トヨタはカローラにもハイブリッドカー(HV)を投入し、CMにキムタク(木村拓哉氏)を起用するなど巻き返しを図るが、ほころびが見えなくもない。

   カローラの販売は国内よりも海外が主要マーケットとなっている。トヨタによると、国内の累計販売約1225万台に対して、海外は約2777万台で、約7割を海外が占めている。現在、カローラは150以上の国・地域で販売し、日本の2か所を含む世界15か所の工場で生産するグローバルモデルだ。

   だが、海外生産拠点13か所のうち、先進国は米国とカナダのみ。残るは中国2か所、台湾、タイ、ベトナム、インド、南アフリカ、ベネズエラ、パキスタン、トルコ、ブラジル各1か所と、アジアを中心とする途上国が目立つ。このため一口にカローラといっても仕様は日本と異なっており、途上国のユーザーに合った海外専用モデルが現地で生産されている。

   カローラの4000万台達成について、トヨタ自動車でカローラの開発を担当する安井慎一チーフエンジニアは、「47年、11代にわたり、世界で4000万人以上のお客様にご愛顧いただいたことに感謝申し上げる。カローラは世界中のお客様に育てていただいたクルマ。今後もカローラのDNAを進化させ、クルマづくりに邁進したい」と語っている。

国内ではプリウス、アクアに及ばず

   しかし、アジアなど途上国では人気のカローラも、日本国内の人気はいまひとつだ。1968年から国内では33年間、新車販売台数で首位を占めてきたが、2002年にホンダフィットに首位の座を明け渡した。その後、トップに返り咲く場面もあったが、2009年には同門トヨタのプリウスに首位を奪われた。

   日本自動車販売協会連合会によると、2013年1~6月の最新データ(乗用車ブランド順位=軽を除く)で、カローラは8位。1位はプリウス、2位はアクアと、同門トヨタのHVが上位を占めている。このためトヨタは8月6日、カローラ(アクシオとフィールダー)に初のHVを投入。国内販売のテコ入れを図った。

   かつてカローラは1970年代から80年代にかけ、レビンやリフトバックなど、若者に人気のモデルがあった。1990年代にかけてもカローラFXなど、少し高級かつスポーティーで、若者に「乗ってみたい」と思わせるクルマがあった。しかし、近年のカローラに昔の面影はなく、国内ではユーザーの高齢化が進んだ。

   今、カローラはCMにキムタクを起用し、「ハイブリッドをさりげなく カローラはジーンズになった」と宣伝している。だが、日本のモータリゼーションを支えたカローラは、デビュー当時からずっと国民的大衆車であり、その意味でジーンズそのものだったはず。敢えて若々しいイメージを作らねばならないところに、高齢化したカローラの「厳しい現実」を感じる人もいそうだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中