雑誌「ペントハウス」発行の米会社が経営破たん

印刷

   男性向けグラビア雑誌「ペントハウス」などを発行している米フレンドファインダー・ネットワークスが2013年9月17日にデラウェア州の裁判所に連邦破産法第11条(日本の民事再生法に相当)を申請し経営破たんした。同社は08から経営不振が続き、負債総額は約10億ドル、資産は1000万ドルを切っていたという。

   同社は債権者と交渉し3億ドル分の負債の削減で合意したため事業を継続することになり、04年1月末までに再建計画に着手する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中