「クリック連打ツール」記事にアクセス急増 クッキーゲーム人気が影響

印刷

   オンラインソフト紹介サイト「窓の杜」で、6年前に掲載したクリック連打ツールの記事が2013年9月16日の日間アクセス数1位になる珍事が起きた。サイトの公式Twitterアカウントが9月17日に発表した。

   記事で紹介しているのは、マウスのクリック連打を簡単にできるようにする「クリック連打リング」。シューティングゲームでの自動連射や、ペイントソフトで点描するときなどに活用できる。アクセス急増の背景には無料ブラウザゲーム「Cookie Clicker(クッキークリッカー)」の人気が考えられる。同ゲームはマウスをクリックしてクッキーを何枚も焼き続けるというシンプルな内容だが、一日中クッキーを焼き続ける中毒者が出るほど話題となっている。

   「窓の杜」公式Twitterは、クッキークリッカーの名称こそ出さないものの、「閲覧に感謝すると共に、ゲーム記事担当としては『1枚1枚手焼きしていた頃の喜びを忘れないで欲しいな…』と若干複雑な思いです」とコメントした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中