セガサミー、インデックスを買収 人気ゲームをスマホで

印刷

   セガサミーホールディングスは、子会社のセガが経営再建中のゲーム会社、インデックスの家庭用・業務用ゲーム事業のほか、コンテンツ関連事業などを譲り受けると、2013年9月18日に発表した。セガが設立した100%出資子会社を受け皿として、11月1日に事業を買収する。譲渡額は明らかにしていないが、140億円前後とされる。

   セガはインデックスが保有する人気ゲームをスマートフォン向けなどに展開。不振の家庭用ゲーム事業をテコ入れするほか、ネット関連事業へも参入、収益源の多様化につなげたい考え。

   インデックスは、13年6月に粉飾決算の疑いで証券取引等監視委員会が強制調査を実施した。セガはこれを旧インデックス側の問題として、事業譲渡後の経営リスクは小さいとみている。また、インデックスは6月に民事再生法の適用を東京地方裁判所に申請しており、当時の負債は245億円。セガは原則として負債は承継しないとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中