矢口真里「二重あご」じゃなかった 週刊誌直撃に「1キロぐらい太ったかも」

印刷

   「自宅不倫騒動」が発覚して以来、表舞台から姿を消していたタレント・矢口真里さん(30)の近況を2013年9月20日発売の「FRIDAY」がスクープした。

   一時は「二重あご」「激太り」とも報じられてきたが、現在の矢口さんは以前と変わらぬ健康的な姿を保っていた。

テレビに出演していた頃とあまり見た目は変わらない

復帰の時期は未定(08年4月撮影)
復帰の時期は未定(08年4月撮影)

   中村昌也さんとの離婚から約4か月が経った9月中旬、「FRIDAY」は外出中の矢口さんを都内の路上でキャッチした。矢口さんは取材に応じ、体調について「もう大丈夫」と話したほか、芸能活動を休んでいる間はずっと家で過ごしていたと明かした。しかし、離婚の原因といった質問には、「事務所に聞いて」と口を閉ざした。

   記事には全3枚の写真も掲載されている。8月27日発売の「女性自身」では「悲しき二重あご」として、あごまわりにたっぷりと肉がついた写真が掲載されたが、現在の矢口さんは顔まわりもほっそり。テレビに出演していた頃とあまり見た目は変わらない。取材に対しても、1kgぐらい太ったかもしれないとするが、激太りについては否定した。矢口さんはブルー系のサロペットに黒のカーディガンという装いで、取材時には笑顔もみせたという。

   体調には問題ないものの、復帰の時期は「まだわからない」と話している。復帰については、これまでにもさまざまな報道が出ていたが、スケジュールは未だ空白のままのようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中