玉木宏も「バイトテロ」の餌食に カード利用レシートが曝される

印刷

   俳優の玉木宏さんがクレジットカードを利用して買い物した際のレシート写真を、店の従業員がツイッターで勝手に公開していたと報じられ、騒ぎになっている。

   それによると、サインに加え、カード番号もはっきり写りこんでいた。

成田空港のおみやげ店で…

   サンケイスポーツが9月21日付で報じたところによれば、玉木さんは16日、成田空港内のおみやげ店を訪れ、カードで買い物を行った。この際、店員の1人がスマートフォンで撮影したレシートの写真を同僚に転送、受け取った店員が16日深夜にツイッターで、「バイト先に玉木宏が来た」という趣旨のつぶやきとともに公開したという。玉木さんの筆跡のほか、一部を除くカード番号が確認できる状態だったとされる。

   写真は間もなく削除されたものの、店舗を運営するNAAリテイリング、玉木さんの事務所はともにこの問題を確認し、2人の店員は事務所に謝罪して謹慎中、現在処分が検討されているとのことだ。

   この夏、「バイトテロ」「バカッター」とも称された若者による店舗などでの不適切写真が、相次いで問題化した。

9月までに50件近くの炎上事例

   にも関わらず、こうしたバカッター騒ぎは沈静化する様子がない。

   ニュースサイトなどが取り上げるなどした事例だけでも、7月以降現在までにおよそ50件近い炎上騒動が確認できる。9月に入ってからも、「電話ボックスで花火を行った神戸女学院大学生」(6日)「伏見稲荷で全裸写真を撮影した早稲田大学生」(9日) 「ピザーラでネズミの死骸写真を撮影したバイト従業員」(10日)「靴下を男性器に見立てた写真を撮影した男性客」(17日)などなど枚挙に暇がない(日付はJ-CASTニュースでの報道時期)。各種まとめサイトなどでも毎日のように、新たな事例が追加されており、もはや「バカッター」は日常と化しつつある。

   海外メディアも、こうした状況に注目している。韓国MBCテレビは特集の中で、「日本社会では他人に迷惑をかけないよう気をつけることが美徳とされてきた。しかし最近の若者たちはその正反対のことをあえてし、自らの欲求を満たしているようだ」と、一連の騒ぎを解説している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中