男子中高生と女子小学生は「ミッキーよりくまモン」!? キャラクターパワー調査結果が明らかに

印刷

   キャラクターのマーケティング、コンサルティングを行うキャラクター・データバンク(東京・港区)が、「ハローキティ」「ミッキーマウス」「くまモン」のキャラクターパワーをデータから比較した結果が、専門誌「販促会議」2013年10月号に掲載されている。

   同社が13年6月に実施した「キャラクターイメージ調査」によると、ミッキーマウスの認知度は全ての年代で96%以上、ハローキティは89%以上で、くまモンは未就学児では80%以下にとどまるものの、小学生以上の年代では89%以上の認知度をマークした。

   好感度では、未就学、小学生、中・高校生、20~30代の男性と、小学生、中・高校生の女性でくまモンがハローキティを上回った。中・高校生の男性ではミッキーマウス(45.0%)も上回る51.0%だった。

   商品欲求度は男性全ての年代と小学生、中・高校生の女性でくまモンがハローキティを上回り、中・高校生の男性と小学生の女性ではミッキーマウスも上回った。

   キャラクター・データバンク代表取締役社長の陸川和男氏は「すでにくまモンは著名な商業キャラクターと比較しても見劣りしないくらいのポテンシャルを獲得しており、ご当地キャラクターの域を優に越えている。さらに言えば、通常、性差や年代によってキャラクターの支持層は限定されるが、くまモンは老若男女から偏りなく支持されるという、稀有な存在である点が特徴的だ」とコメントしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中