Suicaデータの社外提供を当面見送り 有識者会議で今後の対応を決定

印刷

   JR東日本は2013年9月20日、ICカード「Suica」データの社外提供を当面見送ることを発表した。有識者による会議で今後の対応を決め、それまでの間は社外にデータ提供は行わない。

   社外提供データから自身の情報を除外する申請を9月25日以降も受け付ける。申請方法は従来の電話とメールに加え、10月1日正午からは専用フォームも設置する。すでに提供したデータは日立製作所で削除が完了したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中