「オリジナル商品」とPRしながら実は「転売品」 加藤茶妻のアクセサリー通販が謝罪

印刷

   タレントの加藤茶さんの妻・綾菜さんが立ち上げたアクセサリー通販サイト「P.E(ピーイー)」で、「オリジナル商品」といいながら、自らプロデュースしたものではない商品を売っていたことを認め、公式サイトにお詫び文が掲載された。

   海外のオークションサイトなどで同じ商品が安価で売られているのが見つかり、ネット上で批判されていた。

ブログで「オイラの指輪作ってもらおうかな」「イヤリング作りました」

「P.E」トップページ
「P.E」トップページ

   問題が広まりだしたのは13年9月21日、2ちゃんねるの綾菜さんの言動を観察するスレッドで、P.Eで販売されている複数のアクセサリーと同じものが、米国のオークションサイト「eBay」で安く売られている、と報告されたことがきっかけだった。

   加藤さんのブログを見てみると、P.Eオープン当日の12年12月1日、「綾菜プロデュースのアクセサリーブランド」と書いていたほか、13年8月25日には、綾菜さんが太って結婚指輪が入らなくなり、P.Eの指輪を付けていると書いた上で、「オイラの指輪も作ってもらおうかな」。9月21日にも、パールのピアスを発売したという文脈で「イヤリングも作ってほしいとコメント頂いたのでイヤリングも作りました」(後で「イヤリングとピアスどちらも発売してます」に修正)と書いてあり、綾菜さんがオリジナルアクセサリーを手がけていると思われてもおかしくない記述がいくつかあった。

   ネット上では、「手作りと嘘ついて、ただの輸入品を販売って完全に詐欺だよね」「転売はいいんだが自分がデザインしたオリジナルブランドと謳ってるのは本当にダメだ」などと批判の書き込みが相次いだ。

「HP作成時のオリジナルと言う言葉がそのままになっていた」

   騒ぎを受け、9月27日までに、P.Eのサイトに以下の文章が掲載された。

「PEアクセサリーショップは加藤綾菜プロデュースのアクセサリーショップということで開業いたしました。当初はマフラー等、オリジナルを含めた商品を販売しておりましたがオリジナルの制作が難しく、セレクト商品の販売のみとなっております。PEのホームページの作成時にオリジナルと言う言葉が残り最近までそのままになっていました。数か月前に取引先から、この部分についてご指摘を受けまして今はホームページからはオリジナルの文言は削除しております。ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。」

   しかし最近まで自作しているかのような宣伝をしていたこともあり、お詫び文掲載後も「旦那の名前で知名度上げてオリジナルを騙って安いジュエリーでぼろ儲けするつもりだったのかな?胡散臭いね」「すげー白々しい言い訳だなw」などと書き込まれ、批判はまだまだやみそうにない。

   加藤さんのブログで宣伝されていたこともあり、加藤さんの責任も追及すべきとの声もあるが、9月27日17時30分現在、この問題についての釈明などは投稿されていない。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中