第2の「ふなっしー」狙えるか? 下積み「きたパン」、トップの「家康くん」に嫉妬

印刷

   全国から集まったキャラが競う「ゆるキャラグランプリ2013」の投票が行われる中、東京都北区の「非公式」ゆるキャラが、静岡県浜松市の公式キャラにツイッターで噛み付いた。広告代理店がバックについているなどと指摘し、自治体の規模による投票数への影響や、予算の大きさを羨んでいる。

「ちょっとだけ羨ましかっただけです!予算面とか!」

「ゆるキャラグランプリ」の「きたパン」投票ページ
「ゆるキャラグランプリ」の「きたパン」投票ページ

   東京都北区の「非公式」ゆるキャラは、「きたパン」という名で2013年4月1日から活動を開始した。カステラ型の直方体の体にパンダの顔が描かれ、本体から直接手足が伸びている。みんなの党・東京都議会議員おときた駿氏がプロデュースしたゆるキャラだ。6月の都議選で候補者だったころは、「きたパン」とともに駅頭に立っていた。

   カステラ型のボディは、おときた氏が東北支援のため現地でカステラを配った際の「誰もが笑顔になれた思い出」をベースに幸福の象徴として設計された。下半身は「赤羽に泣く子がいれば慰めに駆けつけ、田端に迷い子がいれば誰よりも早く親を見つけるため。サッカーなら絶対に負けない自信がある」という。

   投票を受け付けている「ゆるきゃらグランプリ」のサイトでは、「きたパン」の順位は10月1日18時現在1460キャラ中269位。1位の浜松市「家康くん」には圧倒的な差を付けられている。「きたパン」はこれに嫉妬したのか、ゆるキャラのイベントで目撃した「家康くん」について、

「改めて感じたけど家康パイセンはやっぱ圧倒的ですね...っ!警備がついてたり、アイドルともライブしてたりして、どうせバックに電通さんがいるんだろうなー いいなーきたパンもテレビ出たいなぁ...」

とツイッターでつぶやいた。

   さらに、他のユーザーの「ゆるキャラグランプリの上位に入っているキャラクターは、市町村の団体の組織票がしっかりしていると思うし、その結果による経済効果を期待していると思う」という発言をリツイートしたり、「出世大名家康くんの1位には何か裏で大きな力が働いている気がするんですがどう思いますか?」という質問に「働いてそうですね!」と答えたりした。

   地域の魅力をPRする「ゆるキャラ」の割に生々しい発言をしており、「ここ最近の発言が黒い」「人と比べちゃダメだよ」などと指摘されると、「ちょっとだけ羨ましかっただけです!予算面とか!」と心境を明かした。

「ふなっしー」にも下積み時代が

   「きたパン」は非公式ゆるキャラとしての苦しみを吐露しているが、今や大ヒットとなった千葉県船橋市の非公認キャラ「ふなっしー」も、いきなり売れたわけではなく「下積み時代」を経験している。「ふなっしー」は、個人製作のキャラクターのため企業や団体の支援がなく、ひとりですべてこなしていた。

   2011年11月にツイッターで発信を開始して、船橋の梨の魅力を伝えるため2012年5月からPRイベントに参加するも、まったく相手にされず仕方なく近所の公園や観光地で撮影した動画をYouTubeに投稿していた。船橋市代表として「ゆるキャラサミット」に参加することや、市民祭りにも出ることが許されず、ゆるきゃらイベントに勝手に参戦するなどして、徐々に知名度を上げていった。

   こうした積み重ねが実を結び、2013年2月にテレビCMに出演したことで一気に知名度が上昇し、8月開催の日本百貨店協会主催「ご当地キャラ総選挙 2013」で1位に輝いた。DVDなどのふなっしー関連グッズも好調で、フジテレビ系「とくダネ!」(8月7日)の推計では売上は1億円を超えるという。

   「きたパン」は、第2の「ふなっしー」になることができるのか。ファンからの応援に対して「きたパンはきたパンのやり方でゆるくやっていきます」とツイッターで答えている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中