J-CASTニュースセレクション10『仰天!中国』

印刷

   目をつり上げて日の丸を破り、日本車を引っくり返す。大使館前でデモを行い、尖閣諸島は我が物だと上陸作戦を計画する。一方で、ガンダムをはじめ日本のアニメやゲームを愛し、AKBの推しメンに大量投票をする。バカな画像をアップしてブログが炎上、夜な夜な蒼井そらに興奮する――この矛盾する中国人のイメージはどちらが正しいのか。

  • 『仰天!中国』
    『仰天!中国』

反日暴動家も蒼井そら大好き?「矛盾論の大国」お騒がせ事件簿

   かつて中国と日本は、「一衣帯水」の間柄と言われた時期もあった。たしかに1972年に国交正常化してから、両国関係大幅に改善さ、経済関係はきわめて緊密だ。しかし、尖閣問題やれ歴史認識をめぐり、政治的には不安定な関係が続く。はたして中国人とはいったい何者なのか。本当のところ、何を考えているのか。J-CASTニュースの過去の中国関係の記事から、話題になった記事を厳選、「分かりにくい大国」の謎に迫る。「仰天」シリーズ電子書籍第2弾。

目次
第1章 盛り上がる「反日」暴動 熱気は大陸を覆う
第2章 尖閣のみならず沖縄まで!? 緊張解けぬ領土問題
第3章 呆れた中国事情 モラルが低い?文化の違い
第4章 謎に包まれた中国共産党、指導部の暗闘
第5章 大気汚染や食品不安...日常に迫る中国の脅威
第6章 反日一辺倒ではない?認めるところは意外と認める中国
第7章 中国のネット事情 炎上・祭りで「網民」大はしゃぎ
第8章 愛すべきバカ「反日」

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中