踏切救助で命落とした女性 勇気ある行動に「自分ならできたか」とネットで反響

印刷

   JR横浜線鴨居―中山駅間の川和踏切(横浜市緑区)で、線路でうずくまっていた高齢男性を助けようとした会社員の村田奈津恵さん(40)が死亡する事故が2013年10月1日11時30分ごろに起きた。

   自分の命を顧みず、父親の制止を振り切っても救助に向かった勇気ある行動を称賛し、「自分ならできただろうか」とインターネット上で反響が広がっている。

「電車が来るまで7秒くらいだった」父振り返る

   事故が起きる直前、奈津恵さんは父親の恵弘さん(67)が運転する車の助手席に乗っていた。信号が鳴り始めたので踏切前で電車が通過するのを待っていたが、前方から高齢男性が歩いてきて踏切の中に入った。男性は鴨居駅側に少し歩いていくと線路の上でうずくまったという。それに気付いた奈津恵さんはとっさに「助けなきゃ」と叫び、恵弘さんが「電車が近づいているからだめだ」と止めるも聞かずに飛び出した。男性を抱き起こそうとしたが間に合わず、電車にひかれ命を落とした。

   事故現場の近くには商店街もあり、目撃者も多数いたそうだ。ある男性は非常ボタンを押し、電車もブレーキをかけ大きな音を上げていたが、奈津恵さんを守ることはできなかった。なお、高齢男性は鎖骨を骨折するなど重傷だが命に別条はないという。

   恵弘さんは1日夜、「とくダネ」(フジテレビ系)の取材に応じ、「だめだと言ったのですがあっという間に行っちゃって。電車が来るまで7秒くらいだったかな」と悲しみの色を浮かべながら事故を振り返る。奈津恵さんは優しい性格で、酔って寝ている人を介抱することも珍しくなかったという。恵弘さんは「おじいさんが大したことがなかったのがせめてもの救い」と語った。

「自分なら…って考えちゃうよね、どうしても」

   危険を顧みず、とっさの判断で救助に向かった奈津恵さんの勇気ある行動に、スタジオでは「自分だったら同じ行動を取れるだろうか」と話が進んだ。インターネット上でも「いざというときに、私もこの女性のように行動出来るだろうか。私の意志の通り、私の体は動くだろうか」「自分と年齢も近いし、自分なら…って考えちゃうよね、どうしても」「そんなマンガかドラマみたいな純粋な心の持ち主いるんだと思うと、自分の心の汚さにゾッとする」「実際線路に人が倒れてて葛藤してる暇なんてなかったら血の通った人間だもの何するかわからないよね」と、多くの人が奈津恵さんの行動に思いをめぐらせた。

   恵弘さんは「ANNニュース」(テレビ朝日系)の取材に対し、「おじいさんが踏切のなかに入ってきて、しゃがんで腕を線路の上に乗せて、首を線路に置いたんですよ」と話している。これを受け、インターネット上では「自殺だったのではないか」という憶測も広がっているが、男性が線路でうずくまっていた理由は明らかになっていない。事故現場には献花をする人が相次いでいるという。

踏切内に男性が倒れていたら、どうする?
助けに行くと思う
諦めると思う
分からない
状況次第
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中