スリッパ履いたままホテル朝食を注意され激怒 オール巨人のブログ告白が物議醸す

印刷

   「スリッパではなく、靴で来てもらえますか」。漫才コンビ「オール阪神・巨人」のオール巨人さん(61)が、ホテルで朝食を食べに行こうとしてコックから大声でこう言われたとブログで不満をぶちまけ、ネット上で話題になっている。

   オール巨人さんは、東京・浅草の劇場「よしもと浅草花月」で公演するときは、いつも近くの小さなホテルで泊まるという。2013年9月30日も、このホテルで一晩過ごして、朝食を食べに行った。

「公衆の面前でコックに大声で注意された」

注意に立腹と明かす
注意に立腹と明かす

   ところが、この日更新したブログによると、朝食のあるフロアには、そこのスタッフではない中年男性のコックがいて、スリッパを履いていたことを注意してきた。それも、周りに宿泊客もいるのに、大声を出していたというのだ。

   これに対し、オール巨人さんは、ちょっと恥ずかしかったとして、「朝から一寸ご立腹」だと明かした。

「めっちゃ豪華なホテルでもないし、エレベーターも2つしかないし、エレベーターで降りた所に食堂もあるし、食事の後で部屋に戻るので、それと一寸履きにくい靴だったので…」

   オール巨人さんは、ひもで締めるブーツの写真をアップして、スリッパの理由をこう説明した。そして、エレベーターで降りるときは、ホテルのスタッフもいたのだから、そのときに言ってくれればよかったと苦言を呈した。コックから注意されたときは黙って聞いていたが、帰り際にフロントに寄って気分を害されたとクレームを入れたとした。

   ホテル側の説明についても、「何処にスリッパで出るなって書いて有ったのかなぁ…」と疑問を投げかけている。

   このブログ内容が一部メディアで報じられると、ネット上では、ちょっとした議論になった。

ホテル業界団体「基本は履いてはいけない」

   オール巨人さんの考えに異論は多く、「ビジネスホテルであっても常識だよね」「言われなくてもルール守れよ」「自分に非があるんだから怒られたらすいませんと謝るべきだろ」といった声が相次いでいる。

   一方で、ホテル側の非を指摘する向きもあり、「たとえ注意であっても最低限の礼儀はあるだろ」「すごい上から目線のホテルだな」「そんな声かけて注意されるほどのことでもないと思う」といった意見が出ていた。

   ホテルでレストランにスリッパで行くことについて、ネット上では、様々な意見交換がなされている。女性用生活ガイドサイト「ジネコ」では、「ホテルの朝食でスリッパダメですか?」といった質問が投稿され、いくつかの回答が寄せられていた。それを見ると、一部でスリッパOKというホテルもあったとの報告があったが、日本の旅館とは違い、ホテルでは靴を履くべきとの意見が多い。

   ビジネスホテルなどで作る全日本シティホテル連盟では、「基本は、スリッパを履いてはいけないということです」と事務局長が取材に説明した。「旅館ではありませんので、部屋着でもいけないことになっています。それは、部屋を出れば公共の場所になるという西洋伝統の考え方が残っているからです」。ただ、実際に注意するかどうかは、ホテルの判断にもよるとした。

   オール巨人さんのケースについては、「他にお客さまがいる前で大声で怒るのはいけないことです。『失礼ですが』と、本人だけ聞こえるようにお願いするのが当然です」と言っている。ホテル業界で、スリッパを巡るトラブルについては、特に聞いていないという。

   ネット上で騒ぎになった後、オール巨人さんのブログ記事は削除されている。吉本興業によると、芸人ブログを一括している管理人が、本人の意思とは別に、賛否が分かれる騒ぎになって、いったん記事を下げたからだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中