ついにきた「除染実施」 空間線量基準超えで【福島・いわき発】

印刷
news_p185480_1.JPG

   夏井川渓谷にある隠居(無量庵)で除染が行われる。先日風を入れに出かけたら、いわき市原子力災害対策課から郵便物が届いていた。2月に実施した事前モニタリング結果と、<除染実施について ■あり(測点の中で、0.23マイクロシーベルト/時以上が1点以上測定されました)>の文書が入っていた(=写真)。丸い囲みは私が付けた。


   4月に事前調査報告の文書が差し込まれており、後日、市役所でデータを確かめたので、いずれ除染が行われることはわかっていた。そのための正式な知らせがきたということだ。


   無量庵の庭8地点の土と芝を、1センチメートル、50センチメートル、100センチメートルの3段階で測定した。平均値はそれぞれ毎時0.32、0.26、0.24マイクロシーベルトだった。


   年間1ミリシーベルト以下であるためには、計算式に従って毎時0.23マイクロシーベルト以下でないといけない。それを少し上回る。この2年半、自分で何回か測って得たデータとそう変わらないので、くるものがきたかという感じだった。


   除染説明会が9月初旬に行われた。文書を見たのはその2週間後だった。いずれ作業を実施する共同企業体の説明を受けることになるのだろうが、先行する川内村や田村市の例をみると、簡単ではなさそうだ。


   除染の話を耳にしてからは家庭菜園の熱が冷めた。三春ネギの栽培も今年は失敗した。手入れが悪かったのが原因だが、こうなったら野菜栽培は除染後に"新規蒔(ま)き直し"をするしかない。


   きのう(9月26日)の夜は楽天の試合に釘づけになった。東北の人間はふだん野球に興味がなくても、優勝の瞬間、<よし!>と力がわいてきたのではないか。家庭菜園も同じだ。放射能に負けない!!あきらめない!!へこたれない!!

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中