半年にわたる抗がん剤治療を終了 AV女優麻美ゆまに祝福コメント多数

印刷

   卵巣境界悪性腫瘍を患い療養していた人気AV女優の麻美ゆまさん(26)が2013年10月6日、約半年にわたる抗がん剤治療を終えたと、動画サイト「YouTube」で発表した。

   元気そうな姿にファンは一安心したようで、動画や麻美さんのツイッターには沢山の祝福コメントが寄せられている。

「第2の麻美ゆまとして色んな活動に挑戦していきたい」

「皆さんこんにちは、麻美ゆまです。突然ですが、この場をお借りして、皆様にお伝えしたい事があります。私は2月に卵巣境界悪性腫瘍という病気が見つかり、今現在、約半年間にわたる予定された治療を終えたところです」

   こんな報告から始まった2分30秒の動画では、卵巣と子宮を全摘出したほか、腸にも浸潤が見られたため、6回の抗がん剤治療を行った、現在は体調もよく、定期的に検査に行っている、このまま何もなく5年間過ごせれば完治となる、ということを明かした。

   最後には「体も心も元気なので、少しずつになるかもしれないんですけど、病院の先生や体調と相談しながら、第2の麻美ゆまとして色んな活動に挑戦していきたいと思っています」と抱負を語った。

   麻美さんは終始笑顔で、一時期「激やせ」と言われ心配された体型も少し戻っているように見え、確かに病状は良くなっていると思わせる動画だった。

治療終了後は生放送やチャリティーライブ出演も

   麻美さんは13年2月に体調不良で療養すると発表、4月には所属していたグループ「恵比寿マスカッツ」のラストライブに出演し、久々に公の場に姿を見せたが、激やせした姿はファンに衝撃を与えた。心配の声が上がる中、6月に東スポのインタビューで「卵巣境界悪性腫瘍」という病気を患い、抗がん剤治療中と明かした。

   治療中もツイッターは月に数回更新し、8月25日に予定されていた6回の抗がん剤治療が終了したとツイートした。

   8月27日にはBSスカパー!の番組「BAZOOKA!!!」に生出演した。約1時間半の番組では、1か月に2~3日抗がん剤治療のため入院、2週目は自宅静養、3~4週目は体調により外出可能、という半年間を過ごしていた、抗がん剤治療を終えたのは8月7日だったなど、病気について詳しく明かされた。

   10月5日には京都の東寺で行われたチャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES」に出演し、順調に体調が良くなっている様子がうかがえた。

   今回の動画で、多くの人が麻美さんの口から「治療を終えました」と聞くことができた。10月7日18時現在再生数は40万回を超え、コメント欄には「一先ずおめでとう!これからも頑張って下さい!」「明るい笑顔が見れて良かった!今後の活動も応援し続けます」など、また麻美さんのツイッターアカウントあてにも「治療お疲れ様でした このまま完治することを願います」「元気そうな声が聞けて、ほっとしてます。これからは、ゆっくり 少しづつ活動してください」と、祝福や応援の声が数多く寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中