役所の空気は変わったか――市庁舎内を巡って【福島・いわき発】

印刷
news_p185895_1.JPG

   おととい(10月2日)、いわき市役所の三つの課を巡った。27日の日曜日に行う一斉清掃の実施計画書を環境整備課に提出し、ごみ袋350枚を受け取った。そのあと、行政嘱託員の事務局(広報広聴課)に寄り、原子力災害対策課では夏井川渓谷にあるわが隠居(無量庵)の除染作業の中身について、広報資料(=写真)をもとに説明を受けた。


   環境整備課に行く以上はあちこちに顔を出したくなる。20代半ばから8年間ほど市政記者をしていた。課長とひとしきり話をしては、隣の課に行って係長と話す。その隣の課では主幹や課長補佐と話す――といったことを、毎日繰り返していた。市役所へ行くとつい当時のことがよみがえる。知った顔を見たくなる。


   が、それから三十数年がたち、市総合計画の基礎調査や総合型図書館整備検討懇談会の委員としてかかわってからでも十年余がたった今は、知らない職員が多くなった。それはそうだ、元気のよかった同世代の若手はとっくに部長や次長、課長職を務めあげて退職しているのだから。


   9月の市長選でトップが交代した。9月30日、新市長初登庁の儀式が行われた。市長公用車はプレジデントからプリウスに替わった。新市長自身がフェイスブックで伝えている。役所の空気は変わったかな――などと思いながら、庁舎内を巡ったのはいいのだが……。


   9月20日未明に発生した震度5強の地震で、隣接する義弟の家のブロック塀が一部壊れた。わが家の庭にその残骸を積み上げてある。倒壊ブロックの写真と身分証明書(たとえば運転免許証)を持って環境整備課へ行けば、仮置場への搬入許可書が出る。前に電話で確認しておいた。


   市役所から帰ってきたら、カミサンが尋ねる。搬入手続きは済んだ? 忘れていた。一度で用を済ませられないの!と、えらい剣幕だ。きょうまた役所へ行く用事ができた。併せて搬入手続きを済ませてこよう。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中