「大人の判断にメンバーは不満を抱えています」 乃木坂46内輪揉め?運営批判が飛び出す

印刷

   秋元康氏プロデュースのアイドルグループ「乃木坂46」が2013年11月27日に発売する7枚目のシングル(タイトル未定)のセンターに、13年5月に加入したばかりの研究生・堀未央奈(ほり・みおな)さん(16)が選ばれた。

   研究生から唯一の選抜、しかも正規メンバーを差し置いてのセンター抜擢に、ファンは大きな衝撃を受けたが、それはメンバーも同様だった。中には、サプライズすぎる決定に不満をこぼすメンバーもいる。

センター経験者の生駒里奈、白石麻衣を押しやって…

乃木坂46(13年7月撮影)
乃木坂46(13年7月撮影)

   堀さんがセンターを務めることは、13年10月6日に国立代々木競技場第一体育館(東京・渋谷区)で行われた単独ライブ「真夏の全国ツアー2013 FINAL!」でサプライズ発表された。

   選抜メンバーは全17人で、1枚目から5枚目までセンターを務めた生駒里奈さんが2列目、6枚目のセンター・白石麻衣さんがセンターの隣で、まだあまり名の知られていない新人がセンターというフォーメーションに、ファンは騒然となった。

   Yahoo!ニュース 意識調査が13年8月30日から9月9日まで行った「乃木坂46、7thシングルのセンターは誰がいい?」というアンケートでは、生駒さんが白石さんに2倍近くの票差を付けて1位、次いで生田絵梨花さん、橋本奈々未さんという結果だった。堀さんの名前は選択肢になく、それだけ想定外の抜擢だったということだ。

   発表後、ネット上では「マジ?何なの今回の選抜ww」「いきなしセンターか…」「入社式に出たら社長になぜか任命されていたでござる、ってレベル」などと書き込まれ、衝撃の大きさがうかがえる。

   メンバーは、10月7日放送の冠番組「乃木坂って、どこ?」(テレビ東京系)の収録時に知っていたが、センターとしてスタジオに見学に来ていた堀さんの名前が呼ばれた時、表情に戸惑いや動揺、悔しさがあらわれているように見えた。

「正直受け入れられなかった。大人の判断を」

   発表後、乃木坂メンバーは相次いでブログを更新した。

   白石さんと共にセンター脇を固める橋本さんは、

「発表された瞬間は、正直受け入れられませんでした。未央奈をではなく、大人の判断を。収録が終わった後、みんなで泣きました(中略)まだ握手会の日に控え室でしか顔を合わさない、何の経験もない2期生がセンター こんなこと言える立場じゃないのはわかってる、けど、何を基準で抜擢されたのか全く私たちには不明確で、悔しかった」

と、やはり悔しい思いがあったことを明かした。

   今回選抜に漏れてしまった1期生の川村真洋さんは、

「サプライズ発表って嬉しい報告をするもんぢゃないのかな?って思いました。選抜から外れたメンバーの推しの方もいっぱいいるのに、、、その方たちも 楽しむためにライブにきて楽しい気持ちでお家に帰りたかったはずなのに…結局 たくさんの乃木fam(乃木坂46のファン)の方を最後の最後に悲しい気持ちにさせてしまった。どーして サプライズ発表で選抜発表しちゃうんだろう?って私達は思っていました(中略)悔しいです。ななみん(橋本さん)blogにも書いてあったけど大人の判断に メンバーは不満を抱えております」

と運営に対する批判めいたことも赤裸々につづった。

   その他、選抜漏れした畠中清羅さんも「正直最初は悔しかったし納得できませんでした。あたし達の今までの時間は何だったんだろう。って思いました」と書いている。

   運営への不満が少しずつ溢れ出ているメンバーも少なからずいるようだが、新センターの堀さんに対しては「支える」「何かあったら頼ってほしい」との意思を表明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中