東京都民・八千代銀行が経営統合を発表 14年10月に持ち株会社

印刷

   東京都に地盤を置く東京都民銀行と八千代銀行が経営統合で基本合意した。2013年10月10日に発表した。2014年10月をメドに共同で持ち株会社を設立し、両行はその傘下に入る。近く統合準備委員会を立ち上げ、来春の最終合意を目指す。預金量4兆4000億円の地銀グループが誕生する。

   持ち株会社の名称や人事、株式交換比率などの詳細な条件は今後詰める。

   地銀は資金需要の減少や金利競争で収益が低迷しており、経営状況は厳しい。なかでも、東京はメガバンクや他の地銀大手に囲まれた超激戦区。単独で生き残りに、なかなか将来像が描けないでいた。両行の経営が安定しているうちに統合に踏み切ることで、より強い経営基盤を築いていく。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中