10月10日は「転倒予防の日」 事故はどこまで施設や現場の責任か

印刷

   「テン(10)とう(10)=転倒」にひっかけて、10月10日は「転倒予防の日」なのだという。それに近い日曜日の2013年10月6日、転倒予防医学研究会が東京大学で開かれた。高齢者が寝たきりになる最大要因の転倒・骨折を防ごうと医師、看護師、理学療法士、薬剤師や介護関係者、スポーツ関係者らが集まる研究会は2004年に発足した。今回が10周年の記念すべき会とあって「転倒事故はどこまで施設、現場の責任か」という刺激的な題のシンポジウムが関心を集めた。

転倒は事故というより病状の一部と考えるべき

   転倒事故は家庭でも多いが、病院や介護施設でも少なくはない。後者で起きると病院や施設の管理責任が問われ、賠償訴訟に発展することもあり、割り切れない思いを抱く関係者もいる。

   国立長寿医療研究センターの鳥羽研二院長は、そうした意見を代弁。日本では病院1床につき年間1回の転倒・転落があり、ゼロにはできないこと、ひざが曲がって足が上がらなくなると転倒が増えるなど、転倒は事故というより、病状の一部と考えるべきと強調、薬を減らす、英国のように看護師を3倍にする、など有効な方策も提示した。

   杏林大学保健学部の川村治子教授は転倒事故1500例の分析結果を発表した。看護師が介助・観察中が4分の1で、4分の3は患者が自分で行動中の転倒だった。後者は、判断力のある患者の夜間の排泄時と、認知症患者などの行動が多かった。看護体制を強化しなければ十分な予防は不可能といえる。また、転倒時のけがや後遺症、見逃しを減らす対策の重要なことも指摘した。

   東京海上日動火災保険の小島剛さんによると、権利意識の高まり、情報の入手が容易になったことでトラブルや訴訟が増えている。大きな問題にしないために初期の対応に細心の注意が必要との指摘だった。

   マスコミの立場から筆者(田辺)も参加した。マスコミは弱者の味方の建前から患者サイドに立ち、責任追及主義に陥りやすいが、背景には「発言しない日本人」があることを指摘した。施設や現場に対する責任追及が厳しすぎるのではないかと思っても、関係者が問題提起しなければマスコミや国民の意識は変わらない。こうした率直な議論が常識を変え、転倒予防につながる、と研究会の活動に期待することを話した。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中