K-POPファン、「5時夢」下ネタに憤慨! 「おばさん気持ち悪い」「ゲスト困らせないで」

印刷

   韓国の男性アイドルグループ「BEAST」が、2013年10月10日放送の情報番組「5時に夢中!(5時夢)」(TOKYO MX)にゲスト出演した。

   「5時夢」と言えば過激発言が多く、特に木曜日はコメンテータの作家・岩井志麻子さん、新潮社の中瀬ゆかりさんの「下ネタ」が容赦なく繰り出される曜日だ。5時夢に馴染みのないK-POPファンは内容に驚き、「こんな下品な番組に出るなんて!」と怒りの声も上がっている。

岩井志麻子「お揃いで真珠とか入ってないよね!?」

   BEASTは「韓国No.1野獣系アイドル」という触れ込みで5時夢に登場した。

   「この番組を知っているか」と聞かれたメンバーが「知っている。見たこともある」と答えると、中瀬さんと岩井さんは「よくそれで出る気になりましたね!」と驚いた。

   BEASTは仲が良いことで知られるグループらしく、全員左耳にお揃いのピアスを着けている。これについて岩井さんが「訳さないで!お揃いで真珠とか入ってないよね!?」と発言、スタジオの時が一瞬止まった。

   これはKAT-TUNを脱退した田中聖さんが性器にシリコンボールを入れているという一部月刊誌の報道を受けてのものと思われる。通訳されなかったため幸いBEASTメンバーには伝わらなかったが、お得意の「下ネタブッコミ」だ。

   さらに「各チームで一番脱いだらすごいのは誰?」という質問で、5時夢チームの中で名前が挙がった中瀬さんは「私脱いだらビーストですから」と、BEASTの名前にかけた軽い下ネタを繰り出した。

   BEASTで名前が挙がったイ・ギグァンさんが「僕はいやらしい体をしている」と冗談めかして言ったところ、岩井さんが体を触らせてもらうことになった。岩井さんは胸筋を撫で回すように触り、「はっ!すごい盛り上がり!」と感激、ふかわさんとアシスタントの内藤聡子さんに強制終了させられていた。

   席についてからも、「(筋肉が)硬いの。硬いのよ!」と興奮冷めやらぬ様子だった。中瀬さんもギグァンさんに対し「スケベで体がいいっていうのはいい。私も同じです」とアピールした。ふかわさんは「カメラなかったら2人で野球拳始まってますね!」と呆れていた。

BEASTのファン層と5時夢の視聴者は水と油

   BEASTメンバーは終始楽しそうに見え、5時夢メンバーも通常よりはかなり過激発言を抑えていたが、初めて番組を見たK-POPファンは驚いてしまったようだ。

   ツイッターで実況していたファンからは「この番組なに BEASTをどうしたいの…」「やだこのおばさん気持ち悪いこと言ってる びすと苦笑いじゃん」「なんで、こんな番組に出ちゃったんだろう?」と戸惑いの声が上がった。

   5時夢のツイッターアカウントあてにも「私BEASTのファンなんですけど、5時に夢中ってこんなに汚い番組なんですか?5時に放送するのにそんな下ネタ言っていいんですか?よく考えてから発言してください。ゲスト困らせたりとかやめてください。ファンからしたらとても不愉快です」「BEASTに触らせないでください。番組ぶっつぶしますよ」と怒りのリプライが寄せられた。

   一方5時夢ファンは、BEASTの前でレギュラー陣がいつもよりは大人しくなっているのが面白くなかったらしく、「えーずっとゲストコーナーなの!?つーまーんーねー!」「こんな5時夢 もとめてませ~ん!」などと書き込まれた。5時夢ツイッターあてに「ゲストを選ぶ時は、そのファン層を考慮した方がいいと思います。たぶん、BEASTのファン層と5時夢の視聴者は水と油だと思います」との忠告も寄せられた。

   ちなみに5時夢には13年8月にも韓国の男性グループ「超新星」がゲスト出演していた。この時も木曜日で、岩井さんがメンバーに「もっと奥まで入れていい?」という日本語を教えていたが、ネット上の感想を見ると怒るよりも興奮したファンの方が多かったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中