ドコモ「iモード.net」がサービス終了 残念がるツイートも

印刷

   NTTドコモのiモードから、サービスがまたひとつ消える。iモードメールをパソコンで送受信できる「iモード.net」が2015年2月28日をもって終了するからだ。一時は隆盛を極めたiモードだったが、近年ではスマートフォンの登場により「ガラケー」ユーザーが減少し、iモードの利用者も減少している。

   ネットでは、iモード.netのサービス終了を受けて、「ガラケー終了させる準備か」「ガラケーの真の終わりが始まった」などと囁かれている。

「ドコモに見切りを付ける理由が増えた」

   iモード.netとは、従来は携帯電話でしか送受信できなかったiモードメールを、パソコンからも利用できるようにしたサービスだ。絵文字やデコメも送信可能という特徴があり、2008年3月から提供をスタートした(利用料は月額210円)。

   パソコンに専用ソフトをインストールすると、最短5分間隔で自動的にメールの新着確認をして画面表示もしてくれる。docomo.ne.jpのドメインでパソコンからメールを利用したいユーザーから重宝されていた。

   しかし、近年ではスマートフォンに切り替えるユーザー増えたことで、「ガラケー」でiモードメールを利用する人は減少した。ドコモは2013年10月11日、

「スマートフォン市場の拡大に伴うiモード契約者の減少等の事業環境の変化を踏まえ、経営資源を集中すべくサービスを終了する」

と、iモード.netのサービス終了を発表した。

   これに先立ち、2014年2月28日にiモード.netの新規申込み受付を終了する。また、2013年11月12日からメールの新着確認機能が利用できなくなる。

   ユーザーからは、

「またひとつ、ドコモに見切りを付ける理由が増えた」「iモード.netのサービスが終わるそうなのでドコモやめようかとわりかし本気で考えてる。15年以上使ってきたのにな」
「iモード.netをメールバックアップ代わりにもつかってたからどうすりゃいいんだ。。。」

などと残念がるツイートが出た。

スマートフォンへ機種変更ならパソコンからメールを使える、と案内

   ドコモはサービス終了のお知らせとともに、iモードケータイ(ガラケー)からスマートフォンに機種変更すれば、「ドコモメール」(2013年12月中旬提供予定)で、パソコンからメールを使えると案内している。

   総務省が2013年6月14日に公表した通信利用動向調査の情報通信機器の世帯保有状況によると、携帯電話・PHS(スマートフォン)は94.5%、そのうちスマートフォンは49.5%で、前年の29.3%から約20%増と急速に普及している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中