KAT-TUN新曲にやはり田中聖の声ナシ 「最後の声、聴きたかったな」寂しさ募らせるファン

印刷

   ルール違反行為を重ねたとしてジャニーズ事務所から契約解除された田中聖さん(27)の声が、所属していたグループ・KAT-TUNの新曲「楔(くさび)-kusabi-」に入っていないことがわかった。

   田中さんといえば「ラップ担当」としてグループ内外から評価されていたほか、ファンの間では歌声も人気があった。突然4人の歌になったことで、悲しみや物足りなさを感じるファンが多いようだ。

レコーディングには参加していた

   「楔」はKAT-TUNの中丸雄一さんが主演する連続ドラマ「変身インタビュアーの憂鬱」(2013年10月22日スタート)の主題歌で、10月16日に行われた完成披露試写会でファンと報道陣にお披露目された。

   中丸さんが「楔」について「今までのKAT-TUNの良さを消さないよう作った。新生KAT-TUNじゃないけど、いいリスタートができた」と語ったことが翌朝報じられ、4人での歌となることが明らかになった。レコーディングには参加していたが編集段階でカットされたという一部報道もあり、ネット上では「楔って聖くんも歌ったのにカットしたのか…えぇー…」「最後の聖の声聴きたかったな。悲しいなあ」など、ファンから落胆の声が多く上がった。

   所属レコード会社のジェイ・ストームによると、9月上旬に行われた「楔」のレコーディングでは、田中さんを含めたメンバー5人全員が1曲まるまる歌ったものを録音した。その後田中さんの脱退が決まり、田中さんを除いた4人の録音分を編集して1曲に仕上げたという。

「ジブラばりのダミ声でサグいリリック」宇多丸も評価

   田中さんは06年のデビュー前からずっとラップを担当し、「JOKER」名義で作詞もしていた。ラッパーのZeebraさんが目をかけており、脱退時にはツイッターで「あいつKATTUNやめたんだよな。どうすんのかね?」と気にしている様子だった。ヒップホップグループ「RHYMESTER」のMC・宇多丸さんも、著書「マブ論classics」で「ジブラばりのコワモテなダミ声でサグい(編注:ワルっぽい雰囲気を意味するスラング)自作リリックをキックするメンバー」と評していた。

   一方で歌声は少し高めで、男性アイドルらしい柔らかさも感じられる。ラップではなく「聖の歌声が好き」というファンも多かった。あらゆる曲調に適応するラップと歌唱で、KAT-TUNの楽曲を支えてきたといえるだろう。

   田中さんのいない「楔」を聞いた感想の中には、「期待通りかっこいい曲で沸いたけど、なんか足りないなと思った」「迫力なくて受け入れられない」というものもあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中