前代未聞、ぴあの「印税ウソ報告」 社長減給、社員は降格だけ、「処分甘すぎる」の声

印刷

   「ももクロ」ムック本の印税を過少に支払っていた問題で、ぴあの幹部らが減給などの処分を発表したことについて、「処分が甘すぎる」との声が出ている。ぴあでは、意見は受け止めるとしながらも、「厳罰にしたつもりです」と説明している。

   出版界では、広告単価を上げるために、部数は多く公表する場合もある。それが、ぴあムック本の場合は、逆のパターンになっていた。

「ぴあ、なんだかセコいぞ!」

   ぴあの発表によると、2013年7月2日に発売した「ももクロぴあ vol.2」は、実際は10万部を印刷していた。しかし、著者側の人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」側には、6月ごろに6万部と少なく偽って報告していた。印税の支払いを少なくするためで、当初予算の想定内に収めるための措置だったという。

   報道などによると、所属事務所に9月上旬、ぴあ関係者から内部告発があり、事務所がムック本の部数を取次店などで調べたところ、不自然に多いことが分かった。そこで、ぴあに問い合わせると、部数を少なく報告していたことが発覚した。それによる未払いの印税は、数百万円になるといい、ぴあが支払う方向で事務所のスターダストプロモーションと協議している。

   ぴあでは、社内に特別調査委員会を設置して調べたところ、唐沢徹COOと担当の40代男性社員が虚偽報告していたことが分かった。ただ、社員が印税分を着服したことはなく、ほかの本では虚偽報告は見つかっていないという。そして、懲罰委員会に諮った結果、就業規則違反だとして、唐沢COOは職を解かれ、男性社員は降格になった。矢内廣社長も、報酬10%カットを3か月行う処分がなされている。

   不祥事に対し、ネット上では、「ぴあ、なんだかセコいぞ!」といった声が上がるとともに、処分については、「甘すぎる」との指摘が相次いでいる。

「厳罰にしたつもりです」

   ムック本「ももクロぴあ vol.2」を巡っては、発売時に開催未定のコンサートチケットを特典として封入し購入をあおったと批判された経緯がある。それは、ももクロメンバーの高城れにさん(20)のファーストソロコンサートを将来開くとして、入場券や抽選券を付けていたことだ。

   その効果か、ムック本は発売1週間で5.5万部を売り上げたとして、オリコンの書籍総合ランキングの1位になった。

   今回は、さらに印税を虚偽申告して利益を図っていたわけで、それほど出版の現状は厳しいということなのか。広告単価を上げられないので、苦肉の策として印税収入を上げることを考えたのか。

   ぴあの広報担当者は、取材に対し、「確かに出版の現状は厳しいですが、ももクロムック本の売れ行きはいいので、そこまでして苦肉の策を取ったということではないです」と説明している。

   高城れにさんのコンサートについては、現時点ではまだ開催が決まっていないとしたうえで、「必ず開催するとは言えない状態で、誤解を与えてしまったことは申し訳ないです」と謝罪した。

   処分が甘すぎるとの批判に対しては、「ご意見が出るのももっともで、申し訳ないと思っていますが、こちらとしては厳罰にしたつもりです」と言っている。また、内部告発があったとは発表しておらず、取引先がスターダストプロモーションに連絡したことがきっかけだと聞いているとした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中