グッドデザイン賞、11月7日決定へ ダイハツタント、VWゴルフなどノミネート

印刷

   公益財団法人「日本デザイン振興会」が11月7日に決定する2013年度グッドデザイン大賞の候補10件が決まった。大賞は今年を象徴するデザインとして、10件の中から1つに絞られる。

   今年の大賞候補は、ダイハツ工業の軽自動車「ダイハツタント」、フォルクスワーゲンの7代目「ゴルフ」と国内外の自動車が2件入ったほか、今年話題の国産ロケット、宇宙航空研究開発機構の「イプシロン」、首都高速道路と東京都などが建設した首都高の「大橋ジャンクション」、グーグルの「Googleマップ」などが選ばれた。

ベスト100に「くまモン」も入る

   審査委員長でプロダクトデザイナーの深沢直人氏は「今回のグッドデザイン賞の審査会場を見渡した時、けばけばしい、いわゆる悪い意味のデザインは少なく、むしろ静かな感じを受けた。技術の進化は機能の発達とともに、モノの姿を小さくさせるか、空間や建築物に取り込んでいく」などと語っている。

   大賞候補のほか、グッドデザイン・ベスト100も発表され、この中には、カシオ計算機の腕時計「G-SHOCK」、ホンダの新型乗用車「フィット」、スズキの軽トラック「キャリィ」のほか、人気のゆるキャラ、熊本県の「くまモン」も選ばれた。

   1957年に誕生したグッドデザイン賞は、日本で唯一、「総合的にデザインを評価し、推奨する運動」として知られる。国内外の多くの企業やデザイナーが参加し、「デザインを通して、産業や生活文化を高める」のが目的という。受賞のシンボルである「Gマーク」は、良いデザインを示すアイコンとして広く知られている。

自動車は大賞受賞の常連

   2013年度は約3400件の中から66人の審査委員が審査に当たり、794社の1212件がグッドデザイン賞に輝いた。グッドデザイン・ベスト100、グッドデザイン大賞の候補10件は、この中からさらに選ばれた優秀作品だ。グッドデザイン賞は工業製品など商品だけでなく、建築、プロジェクトなど幅広い領域から選ばれるのが特徴だ。日本デザイン振興会は「外見の印象だけでなく、使い勝手や環境への配慮、社会への提案力など、今日求められるさまざまな観点から審査を行っている」という。

   過去のグッドデザイン大賞は、2012年がNHKのテレビ番組「デザインあ」、2011年がホンダの「カーナビゲーションによる情報提供サービス」、2009年がJR北海道の岩見沢駅複合駅舎などバラエティーに富んでいる。中でも日本を代表する工業製品である自動車は、2008年のトヨタ自動車「iQ」、2006年の三菱自動車「i(アイ)」、2003年のトヨタ「プリウス」など、大賞受賞の常連だ。

   今回受賞のグッドデザイン賞は日本デザイン振興会のウェブサイトで作品やデザイナーが公開されている。大賞の決定は、10月30日から東京ミッドタウンで始まる「グッドデザインエキシビション2013」で。来場者の投票結果も反映されるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中