「カラスに襲われ瀕死状態」から87日間生き抜いた 子猫「わさびちゃん」に大反響

印刷

   ツイッターから話題になり、一躍大人気となった「わさびちゃん」という子猫がいる。2013年6月に保護され、8月末に亡くなるまでの成長記録が多くの人の心に訴えかけ、今なお11万人以上のフォロワーがいる。

   そんなわさびちゃんの一生が、13年10月22日に「とくダネ!」で特集された。元々「わさびちゃんファン」だった人から、今回の特集で初めて知ったという人まで、大反響を呼んでいる。

「タラコわさび」写真が2万7000RTの大人気

   わさびちゃんが初めて登場したのは、13年6月6日にツイッターアカウント「@jessiepon」さんが投稿したツイートでのことだ。

「6月2日 自宅前の道路でカラスに襲われ物凄い声で泣いている子猫を発見。すぐにカラスを追い払い子猫を保護。動物病院へ連れて行きました。」

   ツイートには口の周りから出血し、痛そうにしている子猫の写真が添付され、「本当に痛々しくて可哀想な・・」「どうか、回復しますように!」「ガンバレっと願っています」など、愛猫家らから多くの反応があった。

   とくダネ!ではこの時の様子についてわさびちゃんの主治医に話を聞き、「口の中を見るとケガしていて、上のあごの所に既に穴が開いていて、ベロが切れてしまっていて、かなりひどいかなとは思った」と回想していた。

   子猫は@jessieponさん宅で飼うことになり、日に日に体重が増加していることや治療の経過、元々飼っていた犬の名前「ぽんず」にちなみ「わさびちゃん」と名付けたことなどをツイートして徐々に話題に。

   そしてわさびちゃんを一躍有名にしたのが、6月15日のこんなツイートだ。

「ミルクの時間にカテーテルを嫌がって暴れるようになったので、おばあちゃんが作ってくれました タラコわさびです。明日は病院に行ってきます!」

   ピンク色の手作り編みぐるみに包まれたわさびちゃんの可愛らしい姿にツイッターユーザーはメロメロになり、2万7000回以上リツイートされ、一気にファンを獲得した。

「わさびちゃんのこと、一生忘れません」「87日間幸せだったと思います」

   その後もすくすくと育つ様子が日々ツイートされていたが、13年7月末から突然けいれんや失禁などの発作が見られるようになった。徐々に出なくなりまたぽんずと遊ぶなど元気な様子だったが、8月26日夜に「嘔吐したため病院へ。点滴と吐き気止めの注射をしてきました」と報告が。27日朝に「朝一で病院いってきます。元気ないです」、昼には「わさび危険な状態で入院になり集中治療していただいてます」とツイートされた。

   そして27日夜、「わさび18時30分頃 息を引き取りました。わさび最後まで頑張って偉かったです。数えきれないほどの励ましのメッセージありがとうございました」と、亡くなったことが報告された。保護されてから87日目のことだった。

   わさびちゃんを保護した@jessieponさん夫婦はとくダネ!へのコメントで、「わさびと一緒に過ごしたわずかな時間の間に、本当にたくさんのことを学びましたし考えさせられました。あんなに傷だらけだったのに日々成長し、元気いっぱいに生きることをめいっぱい楽しんでいた姿。私たちが感じたことを皆さんにも感じていただければと思います。そして、少しでも野良猫、捨て猫が減りますようにと、願っています」と語った。

   ツイッターでは「わさびちゃんの特集やってて朝から泣いてしまった…」「結構前に知ってたけど亡くなっちゃったんだね。朝から癒されて泣かされた」「わさびちゃんって猫の事やってて涙ポロポロ。優しい夫婦に助けられて看取られて良かったね」など多くの感想が書き込まれ、一時「わさびちゃん」がトレンド入りした。@jessieponさんあてにも「思い出すだけでつらいです…わさびちゃんのこと、一生忘れません」「初めてわさびちゃんを知りました 可愛くて切なくて泣き笑いしながら見ています」「87日間、わさびちゃんは幸せだったと思います」など、たくさんの温かいリプライが寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中