ポールがオノ・ヨーコと和解、米誌で語る 「時が癒しを与えてくれた」

印刷

   長い間不仲が「定説」だとされていたオノ・ヨーコ氏(80)とポール・マッカートニー氏(71)の関係が雪解けを迎えつつあるようだ。マッカートニー氏が米誌とのインタビューの中で明かした。

   「時が癒しを与えてくれた」というが、ジョン・レノン氏へのあつい信頼も和解の背景にあるようだ。

01年には、オノ氏に会うことを拒んで追悼イベントを欠席

   マッカートニー氏が心境を明かしたのは、2013年10月25日発売予定の米情報誌「ローリング・ストーン」。同誌の電子版が、インタビューの概要を10月23日に伝えた。

   不仲の原因は、ビートルズの楽曲のクレジット表記だとの説が根強い。マッカートニー氏は同誌の01年のインタビューで、ジョン・レノン氏の追悼イベントに出席しなかった理由を、オノ氏に会うことが「困難だから」だったと明かしている。かつては、オノ氏のことを「たちが悪いやつ」とののしるほどだった。

   記事によると、2人の間にできた壁は「取り壊された」といい、その理由は「時間。大いに癒しを与えてくれた」と説明された。12年という長い歳月が、両者のわだかまりを解消したことになる。

   マッカートニー氏の心の中には今でもジョン・レノン氏が生きている様子で、作曲の際には「会話をする」という。このことも、和解の後押しをしたようだ。

「もしジョンが彼女(オノ・ヨーコ氏)のことを愛しているのであれば、何かあるはずだ。彼は愚かではない」

   また、01年に死去したジョージ・ハリスン氏のことも頭をよぎったという。

「ジョージは、『こういうことが人生にまとわりついているのは嫌だろ?』と言うだろう」

ジョン・レノン殺害犯は今でも許せない

   それでも、マッカートニー氏には決して許すことのできない人物がいる。1980年にジョン・レノン氏を殺害したマーク・デイヴィッド・チャップマン受刑者だ。20年の服役後に仮釈放の可能性がある無期懲役刑が1981年に確定し、早ければ14年にも仮釈放が検討されている。

「他の人なら、誰でもおおいに許せると思う。でも、どうして彼を許せるのか自分には見当もつかない。この男は、正気を失って致命的なことをした」

   日本では、マッカートニー氏の新作アルバム「NEW」が10月14日に発売され、10月28日付けのオリコン週間アルバムランキングで初登場2位にランクインしたばかり。史上初の70代でのトップ10入りを果たした。11月には11年ぶりの来日公演も予定されており、ネットでチケットが40万円で売られていることなどが話題になっている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中