文春・新潮が再びバッシング みのもんた、「決断」の時が迫る

印刷

   報道番組出演を自粛中のみのもんたさん(69)が、週刊新潮や文春から再びバッシングを受け、窮地に立たされている。本人はまだ番組を続けたい意向だとも報じられているが、状況は厳しいようだ。

「ひとつの結果が出ましたら、私は逃げも隠れもしませんから」

   みのもんたさんがラジオ番組で語ったことは、報道によると、処分保留で釈放された次男(31)に検察が窃盗罪などで起訴するか判断するときを指すとされる。

検察の判断が出て会見する前だったのに?

   検察判断は、ここ1週間のうちにも下されると報じられている。みのさんは、そこで番組を続けるか止めるかの会見を開くというのだ。しかし、その機会を前にして、バッシングが再燃してしまった。出演自粛を始めてから5週間も経ったにもかかわらずだ。

   週刊文春は2013年10月24日発売号で、「みのもんたの品格」と題した大特集を組んだ。記事では、みのさんが一緒に食事した首相にはコメントが甘くなる、営業の仕事などで苦労したというのは疑わしい、次男らと出身校が同じアナウンサーらは身びいきする、といった品格上の疑問点を挙げ、「キャスターの資格なし」との識者コメントを紹介している。

   また、週刊新潮は同じ日の発売号で、みのさんがTBSの株を買い増して影響力を強めようとしている、憂さ晴らしにスマホ向け放送の番組で過去の年間最高ギャラは27億円を超えたと放言した、などと報じた。TBSは取材に回答できないとコメントしたというが、TBSのコンプライアンス室が決定ではないものの「朝ズバッ!」などへの復帰は困難との結論を出したとも書いている。

   バッシングが続く中でも、みのさんは、番組を続けていくのか。

   みのさん事務所のニッコクでは、J-CASTニュースの取材に対し、今後について「事務所でお答えすることは考えていません」と言うのみだった。

「なかなか決断できない事情がある」

   みのさんが会見を開くかについても、「今のところ日にちは決まっていません。会見をやるかどうかの連絡も来ていないです」とだけ答えた。

   事情に詳しい芸能関係者は、みのさんの心中までは読み切れないとしたうえで、番組を止めるとはなかなか決断できない事情があると指摘する。

   それは、みのさんのギャラが年間6、7億円にも上るとされ、その収入がなくなれば、水道メーター製造販売会社でもある自らの事務所の経営が立ち行かなくなる恐れがあるからだという。

   しかし、この関係者は、番組を続けるには、次男逮捕後の対応が悪すぎたとみる。みのさんが会見やラジオで、子どもの責任を親が取るという議論はおかしい、自分は別に何をやったわけでもないなどと開き直る態度を見せ、その後は報道陣から逃げ回るような行動をしていることについてだ。

「何も隠れる必要はないのに、みのさんらしくない、あきれるような対応をしていました。自分の番組では、不祥事を起こした人に『番組に出てきて謝罪すべきだ』と言ってきたのに、どうしたの、みのさんという感じですよ。私も正直、このまま引退すべきだとも思いましたね」

   ラジオ番組については、スポンサー2社がCMを自粛するまでになっており、「テレビでも、スポンサーはみのさんの続投を嫌がると思いますよ」と言う。広告代理店からは、みのさんではもう数字が取れず、ほかの番組の枠を探してほしいと話が行っている、とも聞いているとした。そのうえで、「みのさんは、この際はもう引っ張らないで、ずばっと決断した方がいいのではないでしょうか」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中