渡部絵美宅に空き巣 現金、宝石など数百万円の被害

印刷

   元フィギュアスケート選手の渡部絵美さん(54)の自宅(東京・大田区)が空き巣に入られていたことが、2013年10月30日までにわかった。

   渡部さんがスポーツ各紙などの取材に対し明かした話によると、10月24日23時頃、隣人から「自分の家に空き巣が入ったが大丈夫か」と連絡があり、帰宅し確認したところ1階の窓ガラスが割られていた。家の中を調べると2階にあった金庫が1階に運ばれていて、バールのようなもので壊され、現金や宝飾品などが盗まれていた。通帳や印鑑、1979年の世界選手権3位入賞の銅メダルは無事だったが、被害総額は数百万円にのぼるとみられる。

   室内には複数の足跡が残されていたといい、警視庁は窃盗事件として捜査している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中