「品がない」番組は「マツコの日本ボカシ話」だけか 「ロンドンハーツ」や「バカ殿様」は?

印刷

   司会にタレントのマツコ・デラックスさんを起用してスタートしたTBS系の「マツコの日本ボカシ話」が、初回放送後に休止することが決まった。

   局内外から「品がない」との批判を受けての措置だというが、インターネット掲示板やツイッターでは「品がない番組はほかにもあるだろう」と皮肉られている。

当事者の保険会社からもクレーム

   マツコさんの番組休止の経緯は、TBSが2013年10月30日に開いた定例社長会見で詳しく明らかになった。複数の報道によると、会見に出席した佐々木卓編成局長は、全編ぼかしという演出手法について「局内でもっと議論すべきだった。猛省している」と謝罪したという。TBSではウェブサイトで、全編ぼかしが局の内規に触れる恐れがあると発表していた。

   10月22日の第1回放送では、2人の「生保レディー」が顔をぼかした状態で登場した。告白内容のなかには、契約を取るために「男女関係」を持つ、いわゆる「枕営業」を経験したエピソードなど過激な内容も含まれていた。佐々木編成局長は、やらせや過剰演出を否定する一方、視聴者や生命保険会社からクレームがあったことを認めたそうだ。スポーツ報知は「品がない」という批判も寄せられたと報じた。

   ネット上には、番組の「品格」を問われたという説明に対して「いまさら言っても」との投稿が見られる。やり玉にあげられたのが、TBS系の情報番組「朝ズバッ!」を降板したみのもんたさんだ。8月30日の放送で、女性アナウンサーの腰を触るような仕草を見せ、「セクハラではないか」と疑惑がもたれていた。みのさん本人は10月26日の会見で「あのお嬢さん(アナウンサー)はよく発言をトチるので、そのたびに腰をたたいた」と、あくまで「指導の一環」である点を強調し、セクハラではないと断言していた。

   だがネットの書き込みをみると、疑いは今も完全には晴れていない。「みのもんたも、品がない、てことか」「本当に『品がない』番組はこれだけだったのか。みのもんたが映っているだけで十分品がないと思うのだが」と非常に厳しい声もある。また、軽妙な毒舌が持ち味のマツコさんを起用したにもかかわらず、「上品な番組をつくるつもりだったのか」と揶揄する意見も出た。マツコさん自身に非はなく、その「キャラ」を局側は分かっていたはず、それをいまさら「品がないと批判された」はないだろう、というわけだ。

報道番組もバラエティーも放送倫理問われる現状

   「品がないテレビ番組なんていっぱいある」という意見は少なくない。

   日本PTA全国協議会は2012年まで毎年、「子どもに見せたくない番組」を選んでいた。近年ではテレビ朝日系のバラエティー番組「ロンドンハーツ」が9年連続で「ワーストワン」となっていた。「ばかばかしい」「言葉が乱暴」「いじめや偏見を助長」という理由からだ。2012年の結果では、「クレヨンしんちゃん」(テレ朝系)、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)、「志村けんのバカ殿様」(フジ系)もランクインしている。「品がない」との批判で休止に追い込まれるなら、これらの番組も該当しそうなものだが、「ロンドンハーツ」をはじめ現在もすべて放映中だ。「クレヨンしんちゃん」にいたっては何度も映画化されている。

   放送倫理・番組向上機構(BPO)による番組内容の検証も、たびたび実施されている。2013年8月3日に放送されたフジテレビ「FNS27時間テレビ」のコーナーで、お笑いタレントの加藤浩次さんがAKB48のメンバーの両足を持って振り回した後、頭を踏んだり蹴ったりした。BPO青少年委員会は「多くのクレームが届いた」として審議、10月22日に「出演者の身体に加えられる暴力や危険行為」「女性アイドルや女性芸人に対する性的な際どい演出」「地上波の公共性に対する認識」の3点について問題を指摘した。

   BPO放送倫理検証委員会では、関西テレビの報道番組「スーパーニュースアンカー」で、7月に行われた参院選を前に特定の候補者だけインタビューした件、また日本テレビの情報番組「スッキリ!!」で、詐欺の被害者と称してインタビューに応じた2人が、実際は当事者でなかった件などについて審議入りを決めた。

   ニュースからバラエティーまで、しばしば放送倫理を問われている現状に、「品がないのわかった上で見るもんじゃないのか、テレビなんて」というネット上の皮肉も、あながち間違っていないのではないか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中