JALとANAで明暗分かれる 航空大手、2014年3月期業績予想

印刷

   日本航空(JAL)と全日空(ANA)の航空大手2社の2013年9月中間連結決算は明暗が分かれた。両社とも景気回復で乗客が増えて増収だったが、円安で燃料費がかさんで減益となった。とりわけ運航停止が続いたボーイング787型機を多く保有しているANAの方が利益を大きく減らした。

JALは東南アジア線が好調、ANAは中国路線の低調が響く

JALは東南アジア路線が好調だ
JALは東南アジア路線が好調だ

   JALが10月31日に発表した中間決算では、売上高が前年同期比4.0%増の6593億円、営業利益が同14.6%減の958億円、純利益が17.8%減の819億円だった。

   ANAホールディングス(HD)が10月30日に発表した13年9月中間決算では、売上高が前年同期比5.9%増の7976億円で過去最高を記録。国内線が堅調だった。営業利益は同42.5%減の433億円、純利益は同45.7%減の200億円だった。

   決算と同時に発表された14年3月期の通期の業績見通しは、JALが上方修正する一方でANA HDは下方修正した。

   JALは売上高を当初予想から140億円増の1兆2860億円、営業利益は150億円増の1550億円、純利益は100億円増の1280億円に引き上げた。

   ANA HDの売上高は300億円減の1兆5800億円、営業利益は500億円減の600億円、純利益は300億円減の150億円に引き下げた。

   JALは東南アジア路線が好調に推移しているが、ANAはボーイング787の影響に加えて中国への日本発レジャー路線の需要回復が遅れていることが響いた。

   JALの植木義晴社長は会見で、ANAの業績を念頭に

「ちょっとしたバランスを崩すだけで、これだけ利益が大きく変動する状態。我々も他人事でもない」

と述べた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中