マー君の来季メジャー行きはご破算か 三木谷が「オーナー病」にかかって残留を厳命?

印刷

   プロ野球日本一に輝いた東北楽天ゴールデンイーグルス。巨人との最終戦にストッパーとして登板し胴上げ投手となった田中将大投手(25)は、これを置き土産にいよいよ来季から米メジャーリーグで活躍するはず、と見られていたが、なにやら雲行きがおかしくなってきた。楽天の三木谷浩史オーナー(48)が球団に対し田中投手の楽天残留を厳命した、のだという。

   専門家によれば、冷静沈着だったはずの三木谷オーナーの性格が変わったように野球にのめり込んでいる。田中投手の活躍に大感激している様子がうかがえ、強権を発動しても手元に置きたくなったようだ、というのだ。これはオーナーのファン向けのポーズなのか、それとも、これで田中投手が希望しているメジャー行きはなくなってしまうのだろうか。

巨人戦連投の理由は「置き土産」だった?

   今年のレギュラーシーズンで24勝無敗という大記録を打ち立てた田中投手は12年12月に初めて米大リーグ挑戦を公言した。球団側も田中投手と3年契約を結び、契約期間中であっても早ければ13年オフにポスティングシステム(入札制度)を利用して移籍となる可能性を語っていた。移籍するチームはヤンキース、レンジャーズ、ドジャースなど複数の名前が挙がっていて、その予想入札額が高騰し80億円とも100億円とも騒がれていた。

   スポーツジャーナリストの工藤健策さんによれば、2013年11月3日に行われた日本シリーズ第7戦、3対0とリードした9回表に前日に160球完投した田中投手が登板した。常識的にはありえないことだが、本人たっての願いということで星野仙一監督が許可した。

「田中投手はチームに貢献したい、というだけでなく、来年はメジャーに行ってしまうため、球団やファンに対する置き土産だったはず」

と工藤さんは分析している。それだけに三木谷オーナーが強権を発動し引き止めにかかっているとすれば田中投手は「約束が違っている」と思っているはずだ、という。

   工藤さんによれば、田中投手のメジャー移籍が進められたのは三木谷オーナーが公言している球団の黒字経営を存続させるため、田中投手をポスティングで「売り」に出そうとしたことと、メジャーで活躍したいという田中投手の思いが一致したため。昨年12月にはほぼ決まりかけ、移籍先となる球団の選定も始まっていたはずだ、という。それがなぜ三木谷オーナーは手のひらを返すようなことを始めたのか。

チャンスあるため来年にこだわる必要はない

「プロ野球オーナーなら誰もがなる、野球に激しくのめり込む『オーナー病』にかかったからでしょう。三木谷さんといえば、田尾やブラウンといった監督を切り捨てた冷静なオーナーだったんですが、巨人を倒した田中の活躍や、ファンや被災地の喜びようを見て手放すのが惜しくなった。ポスティングで手に入るはした金なぞ自分が出してやる、くらいの勢いなんだと思いますよ」

   もしそうだとしたら、メジャーデビュー確実とされてきた田中投手が来年どうなるのかが分からなくなった。まだ25歳だからチャンスはいくらでもあるため、来年のデビューにこだわる必要はないのではないか、そう工藤さんは考えている。

   田中投手はどうなるのか。楽天野球団の広報に話を聞いてみたところ、

「まだ何も決まっていませんし、進んでもいませんので、お話しできることはありません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中