巨人・小笠原「FA宣言」で新天地探す 外様の宿命――「戦力外」でバッサリ

印刷

   「フルスイング」を貫くバッティングで、「ガッツ」のニックネームを持つ小笠原道大が2013年11月10日、FA宣言をして巨人を去ることが確実になった。どんな功労者、大物でも最後は追い出されるのが巨人の「外様」の末路だ。

昨オフ、3億6000万→7000万という最大級ダウンで契約

   小笠原は楽天との日本シリーズでもアテにされなかった。その時点で「戦力外」で、原監督の来シーズン構想に入っていない。つまり「どうぞ、ご自由に」というわけである。

   そこで小笠原は、自分で新たな道を探すためFAを宣言。

「試合に出ることが大事。違った環境で挑戦したいと考え、(FA宣言を)決断した。まだやれる、と思っている」

   こう決意を示したが、40歳という年齢を考えたとき、厳しい道が待っている。

   今シーズンの小笠原は、キャンプ中のフリーバッティングで左手人差し指を痛めたこともあって、ろくに試合に出られなかった。出場わずか22試合、9安打(本塁打1)、8打点に終わった。

   昨年オフ、不成績によりそれまでの年俸3億6000万円から、なんと7000万円という史上最大のダウン幅で契約を更改。一時期、4億3000万円の超高給取りだったことを思うと、力の世界の厳しさを象徴する事例といえる。

   屈辱的ダウンにもかかわらず、小笠原は今季にかけたのだが、それはかなわなかった。試合に出場することができなければ、意地の空回りでしかない。

落合、清原しのぐ活躍

   巨人はこれまで、戦力補強のため外様の大物選手を獲得しては、使えなくなると切ってきた歴史を持つ。

   小笠原の前はラミレスがいた。ヤクルトから取り、DeNAに移ったからまだ覚えているファンも多いだろう。西武から移籍してきた清原もそうだったし、その前の落合は中日から来て日本ハムに行った。

   だからこのようなケースは、巨人にとっては特別なことではない。数年に一度行われる出来事なのだ。巨人は大金を支払う、選手は大金を得る。そういう関係である。つまり、小笠原は外国人選手扱いと同じで、指導者として残ることはまずない。

   FAでチームが変わるというのは、一般社会でいえばヘッドハンティング。役目が終わればグッドバイとなる。そこにファンの思いが介入する余地がない。

   小笠原は07年にFAで日本ハムから巨人に移ってきた。その年、MVPに選ばれる活躍をしている。前年にもMVPを獲得していたから、2年連続両リーグでMVPという史上初の快挙だった。巨人の3年連続優勝に貢献するなど、かつての落合、清原をしのぐ働きを見せた。それでも力の衰えは、金の切れ目、縁の切れ目なのであう。

   新天地が見つかり、試合に常時出場すれば、小笠原はまだ打てるだろう。あの「フルスイング」は、まだまだ投手にとっては脅威である。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中