「ハフポ」が左派紙と組んで韓国進出 「市民ニュース」オーマイニュースと競合?

印刷

   米有名ブログニュースサイト「ハフィントン・ポスト」(ハフポ)が韓国にも進出することになった。日本に進出したときは朝日新聞社と合弁企業を立ちあげたが、ハフポが韓国でパートナーに選んだのは左派のハンギョレ新聞社。2014年初頭にも新サイトを立ちあげたい考えだ。

   韓国では、読者参加型のメディアとしては盧武鉉大統領の当選を後押ししたオーマイニュースが有名で、競合する可能性も出てきそうだ。

ハフィントン氏「市民の声を正確に共有するための重要なプラットフォームになる」

   ハンギョレ新聞が2013年11月10日に伝えたところによると、ニューヨークにあるハフポ本社で11月7日(現地時間)、ハンギョレ新聞のヤン・サンウ社長とザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループのアリアナ・ハフィントン会長が基本合意書を締結した。

   ハフポが事業展開するのは米国を含めると10か国目で、アジアでは日本に次いで2か国目。両者は13年12月に合弁会社「ハフィントン・ポスト・コリア」を設立し、14年初頭に韓国語版サイトを立ちあげる。

   ハフィントン氏は韓国語版の意義を

「読者参加のシステムで、ハフィントン・ポスト・コリアは、市民の声を正確に共有するための重要なプラットフォームになるだろう」

と強調する一方、ヤン社長も、新たなサイトが「世界のニュースを韓国市民に、韓国のニュースを世界の市民に素早く正確に伝える窓」になると期待を込めた。

   ハフポが全世界的に掲げているのが、記事に寄せられるコメントの質を上げることだ。コメントを通じて有意義な議論を活発にするという狙いがあるからだ。

   だが、ハフィントン氏がハンギョレ新聞のインタビューに対して明かしたところによると、質の悪いコメントをブロックする機能を持っていたが、それでも十分にブロックできなかったため、11月末から匿名のコメントの受付をやめる。「本家」でも試行錯誤が続いている状態だということは、韓国語版ではさらに紆余曲折がありそうだ。

日本版は大炎上の末09年に閉鎖

   韓国の「読者参加」のニュースサイトとして一日の長があるのが、オーマイニュースだ。

   00年に設立され、02年の大統領選では盧武鉉氏の当選を後押ししたとされる。

   06年には日本版も開設されたが、記事を投稿する「市民記者」が寄せる記事が相次いで「炎上」し、08年に商品紹介サイトとしてリニューアルを図ったが、結局は09年4月に閉鎖された。

   韓国でも不調続きだ。09年7月に発表された月会費1万ウォン(約920円)の会員組織「10万人クラブ」勧誘のための文書によると、オーマイニュースの収入の70~80%が広告収入だが、08年秋のリーマンショックで激減。政府からの広告も全く入らなくなり、08年に7億ウォン(約6500万円)、09年前半に5億ウォン(約6400万円)の赤字を計上したことを明らかにしている。

韓国語版は今でも更新されている

   その後の財政状況は明らかではないが、10年には英語版が「市民ジャーナリズムについて議論するブログ」に衣替えし、事実上閉鎖された。縮小傾向にあるのは間違いないようだ。

   韓国語版は今でも更新が続いており、ポータルサイト「ネイバーニュース」がピックアップする記事について、扇情的だと批判する記事を大きく掲載している。

   オーマイニュース退潮の背景には、盧武鉉大統領の低支持率や任期満了直後の自殺、ブログやSNSの普及で役目を終えたことがあると考えられている。このような環境で、「ハフポ」韓国語版が「市民の声」をいかに活発に伝えられるかが注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中